清瀬市

清瀬中里緑地保全地域

中里二丁目地内に残る24,717平方mの雑木林は、東京都が、都民が快適に生活することができる都市づくりのため設けている「東京都における自然の保護と回復に関する条例」に基づき、平成元年に東京都により清瀬中里緑地保全地域として指定されています。 ここは空堀川に面した河岸段丘斜面で、市街化が進み、段丘斜面の一部も宅地されつつあるなか、良好な状況を保っている貴重な自然地です。
区域の大部分は、樹木と竹林で覆われ、斜面の向きは北ないし北西で、両端にはコナラやクヌギの雑木林があり、これにはさまれた形でモウソウチク林とスギの植林があります。
この緑地保全地域は、北向き斜面のため、斜面下部の雑木林の林床には、カタクリやヒロハノアマノなどの春植物が豊富に見られるのをはじめ、四季折々に可憐な野草が花を咲かせます。
また、河川に面し、周辺も斜面緑地が連続しているため、野鳥の種類も数多く観察されています。
なお、「空堀川と中里緑地保全地域」は、清瀬10景の1つにも選ばれており、自然愛好家の皆さんの、絶好の自然観察の場として親しまれています。

問合せ
東京都多摩環境事務所
電話番号:042-523-3171

清瀬中里緑地保全地域


トップページへ戻る


清瀬市役所

〒204-8511
東京都清瀬市中里5丁目842番地
電話番号:042-492-5111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜
8時30分から17時まで

Copyright(c) KIYOSE City All right reserved.