メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 多摩六都科学館

多摩六都科学館

更新日:2017年10月31日

多摩六都科学館ホームページ (外部サイトにリンクします)

科学の体験型施設多摩六都科学館

多摩六都科学館

新青梅街道沿い「スカイタワー西東京」の麓に立地する多摩六都科学館。小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市が平成6年より共同設置・運営している施設です。5市圏域の方々の生涯学習の場として、また子どもたちに科学を身近に感じてもらえるような場として、見て、触れて、操作して、「体験」をするのに充実した科学館となっています。
世界最大級傾斜ドーム「サイエンスエッグ(プラネタリウム施設)」をはじめ、テーマ毎に分かれた5つの展示室、イベントホール、科学学習室等で、幅広い展示や催し物を行っています。また屋外展示物や雑木林などの見どころもあります。

平成24年度にサイエンスエッグと展示室がリニューアルし、より活動的な科学館になっておりますので、はじめて訪れる方はもちろん、訪れたことのある方も必見です!ぜひ新鮮で感動的な科学館をお楽しみください。

体験!発見!科学心をしげきする5つの展示室

体験!発見!科学心をしげきする5つの展示室1  体験!発見!科学心をしげきする5つの展示室2

5つの展示室がテーマごとに分かれ、「Do Science=科学する」をテーマに、4つの「ラボ」で参加体験型のプログラムを用意しています!科学や理科が苦手な方も、一緒に体験すればきっと科学を身近に感じるはず。

  • 《展示室1チャレンジの部屋》
    光や元素の性質、モノの動きを調べてみましょう。頭と体を使って「科学すること」にチャレンジ!
  • 《展示室2からだの部屋》
    感覚ゲームやパズルに挑戦!脳を使って遊びましょう。人気のカプラブロックコーナーもあります。
  • 《展示室3しくみの部屋》
    モノが動くメカニズムや、電気、水などを届けるシステム。暮らしにひそむいろいろなしくみを探してみましょう。
  • 《展示室4自然の部屋》
    身近な生き物や自然環境をわかりやすく紹介。昆虫標本や動物のはく製、川にすむ魚にも出会えます。
  • 《展示室5地球の部屋》
    地球の活動と武蔵野台地の地質とのつながりを感じられる展示室。化石や岩石を観察して“地球の歴史”について考えてみましょう。

注:イベント等の参加方法につきましては、イベントごとに当日申込・自由参加・事前申込に分かれています。くわしくはチラシ又は多摩六都科学館ホームページをご覧ください。

世界最大級傾斜型ドームサイエンスエッグ

世界最大級傾斜型ドーム サイエンスエッグ最も多くの星を投映するプラネタリウムとして世界一に認定された投映機「CHIRON2」を使って、天文グループのスタッフが個性豊かに生解説いたします。当日の夜、東京で見られる星空に加え、約2か月ごとにテーマを変えて、いつご覧いただいても新しい発見をお届します。また、直径27.5mのドームスクリーンいっぱいに映し出す、臨場感溢れる大型映像もお楽しみください。

 

多摩六都科学館キャラクター「ペガロク」

pegarogu.png
オリジナルキャラクター「ペガログ」です。
ツイッターhttps://twitter.com/pegaroku/

(C)dwarf/多摩六都科学館 

屋外も見所がたくさん

科学館内はもちろんのこと、開放された屋外でも科学が体験できます。 30メートル離れた場所でも電気無しで小声が聞こえる『耳の望遠響』や、古代生物から人類の進化をたどるカラフルな『タイムトンネル』など様々な展示物が設置されています。敷地内の雑木林では様々な動植物が見られ、設置されたやぐらでは雑木林を上から観察することもできます。屋外ならではの季節ごとの変化を楽しんでみてください。

その他の施設案内

その他の施設案内土曜日・日曜日・祝日に様々なイベントや教室を開催し、科学と親しむことができるイベントホール、科学学習室、実験ショーコーナー。科学に関する本が取り揃えてある図書コーナーなど、様々な方法で科学で遊び・学ぶことができます。 地元野菜をふんだんにつかったメニューを提供するカフェ「六都なおきち」(約40席)や外の景色を見ながらくつろげる休憩室(154席)などの施設があります。

そのほか科学に関するグッズを揃えたミュージアムショップでは、多摩六都科学館オリジナルグッズ等も販売しています。  

障がい者用トイレ、コインロッカー、車いす用リフト、授乳室なども設備しています。
イベントや教室等の詳細は、関連リンク「多摩六都科学館ホームページ」よりご確認下さい。

交通手段 

多摩六都科学館ホームページ (外部サイトにリンクします)

バス

清瀬駅より西武バスにてJR武蔵小金井駅行(前沢宿経由)新青梅街道下車徒歩15分

自動車

新青梅街道「多摩六都科学館入口」信号交差点南へ入る
(科学館駐車場スペース普通車170台、大型車20台 ※曜日や時期によって異なります。

普通車  30分ごとに100円(1日最大700円)
       入庫後30分まで無料、以降30分ごとに100円

大型車  1日2,000円 ※大型車は事前に電話予約が必要

ご利用案内

開館時間

午前9時30分から午後5時(入館は午後4時まで)夏休み期間中は午後5時30分まで開館(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日の場合、翌日)、祝日の翌日 注:年末年始・機器整備の休館日あり。詳しくは科学館ホームページをご覧いただくか、施設にお問い合わせください。夏、冬、春休み期間中は月曜日も開館。

利用料金

(入館には展示室券が必要です)

券の種類大人小人
入館券(展示室) 500円 200円
観覧付入館券〈展示室・プラネタリウム又は大型映像(1回)〉 1,000円 400円
セット券〈展示室・プラネタリウム(1回)・大型映像(1回)〉 1,400円 500円
年間フリーパス 購入日から1年間、何度でも入館できます。
※清瀬市に在住、在勤、在学の方
1,500円 600円

注:小人は4歳から高校生
注:4歳以上の利用人数が20名以上で、団体割引がございます。詳しくは科学館ホームページをご覧ください。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

企画課企画調整担当
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1802
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。