メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 清瀬市ガイド > 清瀬市について > 市の概要 > 市の概要

市の概要

更新日:2018年02月13日

市の概要
広ぼう
東西 4.63キロメートル
南北 5.09キロメートル
周囲 17.20キロメートル
面積 10.23平方キロメートル

注:出典
・面積:「平成28年全国都道府県市区町村別面積調」
標高
最高 65メートル
最低 20メートル
位置 (市役所)
緯度 35度47分09秒
経度 139度31分35秒

注:出典
「国土地理院 日本の東西南北端点の経度緯度」

清瀬市は、武蔵野台地の東北端手前約15キロメートル付近の平坦部に位置しており、市域は、およそ6.5キロメートル×2キロメートルの狭長の地で、その長軸は台地の傾斜と向きを同じくし、平坦とはいえ西高東低の地形をなしています。標高は、西方の東村山市に接する竹丘で65メートル、北東の埼玉県境の下宿で20メートルと、わずか6.5キロメートルの間に40メートル以上の標高差があります。また、市域北部を流れる柳瀬川でごくわずかの沖積低地を市域に含みますが、それ以外は洪積台地で、柳瀬川に面する中里、下宿地域集落部は柳瀬川の沖積低地より5から10メートル高く、清瀬旭が丘団地がのる台地より10から15メートル低い標高25から30メートルの中位のテラスになっており、団地がのる台地は下清戸、中清戸、上清戸から西武鉄道池袋線周辺の市街地へと続く広範な台地であり、この団地北側の崖面からみると6メートルほどのローム層が堆積し、以下は武蔵野礫層が堆積しています。

都心へのアクセス

清瀬駅→(西武池袋線で約30分)→池袋駅

清瀬駅→(西武池袋線で約20分)→練馬駅→(大江戸線で約18分)→新宿駅

清瀬駅→(西武池袋線から有楽町線で約1時間15分)→新木場駅

清瀬駅南口→(西武バスで約30分)→JR武蔵小金井駅

清瀬駅北口→(西武バスで約30分)→東武東上線志木駅

このページに関する問い合わせ先

企画課企画調整担当
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1802
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。