メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 平和・男女参画・人権 > 平和祈念展等実行委員会 > 平成19年度清瀬市平和祈念展等実行委員会

平成19年度清瀬市平和祈念展等実行委員会

更新日:2014年06月30日

平成19(2007)年に、昭和57(1982)年9月の清瀬市議会で「非核清瀬市宣言」が議決されてから25年目を迎えました。清瀬市では、昭和61(1986)年度から実施してきた平和祈念展を平成18(2006)年度より企画の段階から市民の参加を得ることにより、市民と市の協働による新たな平和祈念展とするため、市民公募委員で組織する清瀬市平和祈念展等実行委員会が設置され、平成19(2007)年度には新たな委員を迎えて企画が進められました。

平成19(2006)年度の実行委員会では、昨年度開催した『平和祈念フェスタin清瀬』に来場したみなさんと市民のみなさんの意見と感想を参考に、15回を数える委員会を開催し議論を重ね、『平和祈念フェスタin清瀬』を企画しました。広島・長崎に原爆が投下された8月と東京大空襲のあった3月に、講演会、報告会、展示会、上映会、フォーラムを市民のみなさんに戦争の悲惨さ、平和の大切さ、人命の尊さを広く伝え、平和についてあらためて考えていただくことを目的として開催し、延べ5,517人の方が参加しました。

また、『平和祈念フェスタin 清瀬』の開催には、実行委員だけでなく、助言いただいた協力者のみなさん、講演会と上映会でお話しいただいたみなさん、報告会に参加いただいたピース・エンジェルズと平和団体のみなさん、展示会に資料をお貸しいただいたみなさん、フォーラムで戦争体験をお話しいただいたみなさん、さらに、各会場に参加いただいた5,517人のみなさんの平和への思いが開催につながったことを報告します。

なお、実行委員会では、平成18(2006)年度の実行委員会から引き継いだ「清瀬においても、戦争に関する事実が存在したことを風化させることなく、市民のみなさんに伝えていく。」ということをめざして、清瀬市にお住まいの戦争体験者のお話しと清瀬市の戦時遺跡などを記録したビデオ「わが町清瀬『戦争と平和』を歩く」の制作を企画しました。実行委員会内に小委員会を設置し、撮影や編集作業の知識のある方を協力者に迎え進められ、3月の上映会とフォーラムではダイジェスト版「清瀬の戦争と平和」を参加したみなさんに披露しました。ビデオ「わが町清瀬『戦争と平和』を歩く」の完成と平成21(2009)年3月の上映は、先日、新たに市民公募により設置された平成20(2008)年度清瀬市平和祈念展等実行委員会に引き継がれています。

平成20年3月

平成19年度清瀬市平和祈念展等実行委員会

非核清瀬市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。

我々は、世界で唯一の被爆国民として、被爆の恐ろしさ、被爆者の苦しみを、声を大にして全世界の人々に訴え、再び「広島」・「長崎」のあの惨禍を繰り返させてはならない。

我々は、非核三原則(造らず、持たず、持ち込ませず)が完全に守られることを願い、すべての核保有国に対し、核兵器の廃絶と軍縮を求め、いかなる国の、いかなる核兵器も、わが清瀬市内に配備・貯蔵することはもとより、配備訓練、空中輸送、核部隊の通過も許さない。

我々は、核攻撃の目標となるおそれのある施設の撤去に努め、いかなる理由があろうとも、新たに設けることを認めず、疑わしき施設の実態把握と公表に努めることを宣言する。

昭和57年9月29日

清瀬市議会

 
THE NON-NUCLEAR DECLRATION
OF KIYOSE CITY

Eternal world is a desire common to all mankind.

As the only nation who has been atom –bombed ,we must testify to the terror of the atomic bomb attack and the suffering of atomic bomb victims to the people all over the world in a loud voice, and we must not allow the terrible disasters in ‘Hiroshima’ and ‘Nagasaki’ to be repeated.

We wish for the complete observance of the thee non-nuclear principles (not to manufacture, possess, or introduce nuclear weapons), demand the abolition of nuclear weapons and the disarmament of all nuclear powers, and we will never allow the deployment, training or air transport of any nuclear weapons of any country, or passage of any nuclear unit, let alon their deployment and storage in Kiyose City.

We declare that we will endeavor to remove the facilities likely to be target of nuclear attack .And we will not allow such facilities to be built for any reason. Furthermore, we will investigate and make public the actual condition of the suspicious facilities.

September 29, 1982

Kiyose City Council

委員会開催関係

  1. 清瀬市平和祈念展等実行委員会の開催

    第1回実行委員会 平成19年2月22日
    第2回実行委員会 平成19年3月27日
    第3回実行委員会 平成19年4月25日
    第4回実行委員会 平成19年5月16日
    第5回実行委員会 平成19年6月6日
    第6回実行委員会 平成19年6月28日
    第7回実行委員会 平成19年7月26日
    第8回実行委員会 平成19年9月27日
    第9回実行委員会 平成19年11月15日
    第10回実行委員会 平成19年12月21日
    第11回実行委員会 平成20年1月16日
    第12回実行委員会 平成20年1月28日
    第13回実行委員会 平成20年2月15日
    第14回実行委員会 平成20年3月28日
    第15回実行委員会 平成20年4月17日
  2. 清瀬市平和祈念展等実行委員会小委員会の開催

    第1回小委員会 平成19年4月4日
    第2回小委員会 平成19年4月25日
    第3回小委員会 平成19年5月24日
    第4回小委員会 平成19年6月28日
    第5回小委員会 平成19年7月26日
    第6回小委員会 平成19年12月21日
    第7回小委員会 平成20年1月1日
  3. ビデオ編集関係会議の開催

    第1回編集会議 平成19年12月28日
    第2回編集会議 平成20年2月3日
    第3回編集会議 平成20年3月2日

注:関係委員の撮影、編集作業等は随時

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

企画課市民協働係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1803
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。