メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市長室 > 所信表明・行政報告(平成18年~平成23年4月分) > 平成19年第4回定例会行政報告

平成19年第4回定例会行政報告

更新日:2014年07月22日

平成19年第4回定例市議会の開会に当たり、9月以降の行政上の主な事項について、ご報告させていただきます。

まず、平成20年度の予算編成について申し上げます。

平成15年度以降、市税収入や地方交付税などが大幅な減となる中、第3次行財政改革で職員定数の削減など徹底した見直しを実施したことなどにより、危機的な財政状況から抜け出し、平成18年度決算では経常収支比率などの指数が改善され、実施計画の目標数値を達成することができたところであります。現在、2年間延長し、実施計画で未実施の項目などに取り組んでいるところでありますが、今後の市財政を見てみますと、国の財政健全化による地方財政計画の縮小に伴い、地方交付税や臨時財政対策債の減少が見込まれるほか、団塊の世代の大量退職により市税収入の増が期待できない状況にあるなど、大変厳しい財政運営が想定されております。

このような中で、新年度予算編成を行っておりますが、平成20年度には、清瀬東高校跡地購入や清瀬市民センターの改修、子ども発達支援・交流センターの整備、台田の杜の整備などの大きな財源を伴う事業が予定されております。これらの事業は今後まちづくりを進める上での大きな資源となるものであります。

厳しい財政状況の中で、市民の皆さんが「住んでよかった」「住み続けたい」と思えるような魅力的で高品質なまちづくりを行っていく上で、こうしたまちづくりの資源をどう育てていくのか、創意工夫をしていかなければならないと考えております。

また、まちづくりは「人づくり」でもあります。将来を担う子どもたちが健全に育つことができる環境の整備など子育て支援事業の充実に努めてまいりたいと考えております。

平成20年度予算編成に当たってはこうした考え方のもとに、創意工夫と徹底した事務事業の見直しを図り、新たな課題に対し積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

そこで、現在進めております大きな政策課題について報告させていただきます。

第1は、清瀬東高校等跡地利用についてであります。

旧清瀬東高校及び旧清瀬第九小学校の跡地の利用方法について、ご検討いただいておりました「清瀬東高校等跡地利用検討委員会」から10月に答申をいただきました。答申では、旧清瀬東高校は、市民の生涯学習・スポーツ活動等の拠点施設として有効活用が期待できるため確保することが望ましいとされました。一方、旧清瀬第九小学校跡地については、建物の老朽化が激しく、旧清瀬東高校が代替施設となり得るため処分し、その売却益を旧清瀬東高校跡地取得の財源として充当することが望ましいとされました。

この答申を受け、11月20日までパブリックコメントを実施し、約50人、70件のご意見をいただいております。現在、いただいたご意見と、それに対する市の考え方を整理しておりますので、まもなく公表したいと思っております。

第2は、清瀬市民センターの再整備についてであります。

清瀬市民センターの再整備についても「清瀬市民センター再整備検討委員会」でご検討いただき、10月に答申をいただきました。答申では、再整備の方法は現在の施設の大規模改修とすること、また、再整備の最優先課題はホールの性能を可能な限り高めることとされました。検討の過程で実施したパブリックコメントにおいても、大方の賛同をいただきました。

この答申を受け、今後、基本設計へと進め、平成20年度後半から21年度にかけて改修工事を実施したいと考えております。

第3は、(仮称)子どもの発達支援・交流センターの整備についてであります。

清瀬市における障害児療育は、昭和44年に竹丘学園を設置し、現在に至っております。近年、発達障害の子どもたちへの対応が新たに求められる中、この竹丘学園を発展的に解消して、市内の療育支援の核となる施設の設立が課題となっておりました。本年2月から公募を含む10名の委員により検討委員会が立ち上がり、9月には中間答申で、この施設のあるべき姿についてご意見をいただきました。10月にはパブリックコメントで、広く市民の皆さんのご意見もいただき、今月中には、最終答申をいただく予定となっております。なお、このセンターは、平成20年度に工事を行い、21年度中にオープンする予定であります。

これらは、いずれも清瀬市にとって、まちづくりの大きな事業であり、多くの皆さんが期待をされていることだと思います。また、多額の費用を必要とするものでありますが、しっかりとした財政計画のもとで、その実現を図っていきたいと考えております。

次に、後期高齢者医療制度の保険料について報告させていただきます。

来年4月から始まります東京都後期高齢者医療制度の保険料につきましては、東京都の所得係数が1.72となり、国の調整交付金が58%に留まる中での厳しい状況での算定となりました。

東京都広域連合では、これらの厳しい状況の下、保険料をどのように設定するか関係機関等で協議を重ね、葬祭事業を各団体の政策判断で、審査支払手数料など3項目を各構成団体からの一般財源で対応することとし、保険料の軽減を図った結果、1人当たり平均保険料を10万2,900円、軽減措置や激減緩和措置後の1人当りの平均保険料を約90,000円とし、11月20日に開催されました広域連合議会に上程し可決されたところであります。

なお、1人当たり平均保険料10万2,900円という額は全国トップレベルですが、一方、誰もが等しく払う均等割額は3万7,800円で全国的には低い水準となりました。また、厚生年金の一般的な収入208万円の単身者保険料につきましては7万3,880円と、関東地方で最も低くなっております。

今後も引き続き、東京都の財政支出を求めるなど、低所得者層の保険料の一層の軽減を図るため関係機関で協議することになっております。

次に、平成19年度の事業のなかで、現在進められておりますいくつかの事業について申し上げます。

1つ目に、組織改正についてであります。

社会状況の変化に伴う新たな行政課題に、的確に対応できる組織に改めるため、7月に庁内検討会を設置し検討させてまいりましたが、ここで検討結果がまとまり、平成20年4月から組織改正を行いたいと考えております。今回の改正では、まちづくりの方向性を市民の皆さんに示すことができるわかりやすい組織であること、また、職員450人体制を見据えたスリムな組織であることを基本方針とし見直しを行いました。具体的には、子ども家庭部の新設や建設部の名称を都市整備部とすること、また、学校教育部と生涯学習部を統合し教育委員会を教育部1部制とすることなどでございます。

なお、本定例会に清瀬市組織条例の一部改正を提案させていただいておりますので、よろしくご審議を賜りますようお願いいたします。

2つ目に、「台田の杜」の整備についてであります。

個性あるまちづくりの一環として、柳瀬川崖線緑地「台田の杜」の整備に着手しているところでございます。

市の北端に位置する「台田の杜」は、柳瀬川回廊のコースにもなっており、また、柳瀬川通り沿いからは、名木・巨木百選に選ばれている「やまざくら」を眺めることができます。今年度の整備といたしましては、緑地内にある廃材及び倒木の撤去、真竹の整理、更には枯れ木の伐採を行い、来年度以降において、遊歩道の整備や記念碑、休憩場所等の設置を予定しております。

3つ目に、柳瀬川回廊インフォメーションコーナーについてであります。

7月オープンの中里地域市民センター内にありますインフォメーションコーナーを「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」事業の一環といたしまして、柳瀬川回廊をPRするための回廊全景パノラマ写真や流域の四季折々の表情を紹介する写真パネルの展示、カウンターテーブル等の設備も整いましたので、回廊に関する情報発信基地として、多くの皆様にご活用いただければと考えております。

なお、柳瀬川周辺地域の景観や生き物の写真及びバードカービングなどの作品は、市内のボランティアの方々の提供によるものであります。市内はじめ、市外から訪れる方々に柳瀬川流域や清瀬の豊かな自然の素晴らしさを体感していただき、散策や観察を楽しんでいただけるよう、季節ごとに情報の更新を行ってまいります。

4つ目に、市税の収納対策についてであります。

市は滞納整理の向上のため、11月1日より12月末までの2ヶ月間、東京都より徴収指導職員2名の派遣をいただいております。

これは、三位一体改革による税源移譲等の問題により、市税の収納率の低下が懸念される中、都の職員から新しい収納手法や納税交渉などの指導を受け、調査、差押、捜索等の実務面での技術向上を図り、尚一層の市税の収納率のアップと公平な税務行政を遂行していきたいと考えております。

なお、その他本定例会には、平成19年度清瀬市一般会計補正予算や清瀬市長期総合計画策定審議会条例の一部を改正する条例、清瀬市職員定数条例の一部を改正する条例などの案件をご提案申し上げておりますので、ご審議賜りますようお願い申し上げ行政報告といたします。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報課秘書係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1807
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。