メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市長室 > 所信表明・行政報告(平成18年~平成23年4月分) > 平成20年第3回定例市議会行政報告

平成20年第3回定例市議会行政報告

更新日:2014年07月22日

平成20年第3回定例市議会の開会に当たりまして、行政上の主な事項についてご報告させていただきます。

はじめに、本定例会に提案を予定しております平成19年度一般会計決算の概要についてご報告申し上げます。

歳入総額は237億666万5千円、歳出総額は229億8,133万5千円で、歳入歳出差し引き額は7億2,533万円となっております。翌年度へ繰り越すべき財源1,640万円を差し引いた実質収支は7億893万円となり、前年度よりも4億5,067万8千円の減となっております。

平成19年度では、税源移譲による市税収入が増えたことや前年度繰越金、市町村総合交付金の増などにより、歳入総額は前年度よりも7億5,696万1千円の増となっております。また、歳出総額も、扶助費や補助費等が増えたことなどにより、前年度よりも11億9,753万9千円の増となっております。

このようななか、まず、歳入でありますが、税源移譲などにより市税は8億7,400万円の大幅な増となりましたが、一方では、所得譲与税や地方特例交付金、減税補てん債がなくなり、さらには、地方交付税や臨時財政対策債も前年度よりも減となったため、経常一般財源は前年度よりも3億2,772万円の大幅な減となっております。

一方、歳出では、義務的経費であります人件費が毎年減少してきておりましたが、平成19年度では嘱託職員報酬や退職手当負担金の増などにより前年度よりも7,714万円の増となっております。また、扶助費につきましては、生活保護費や自立支援給付費などの増により、前年度よりも 3億750万円の増、公債費につきましても臨時財政対策債の元金償還が発生したことなどにより8,984万円の増となったため、義務的経費総額は4億 7,449万円の増となっております。義務的経費が前年度よりも増額となったのは平成16年度以来であります。

また、投資的経費では、元町ゲートボール場用地の購入や東3・4・13号線の電線共同溝の整備などにより、前年度よりも7,053万円の増となっております。

以上のような決算状況のなかで、経常収支比率につきましては、経常一般財源が減となる一方、経常経費も増えているため、前年度の91.7%から95.8%と4.1ポイントの増となっております。多摩の市町村の経常収支比率の状況を見てみますと、95%から100%の団体と、85%から90%の団体が多く、税源移譲により財政状況が二極化している結果が表れております。また、平成19年度決算から、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく財政健全化判断比率の報告をすることになっておりますので、詳細につきましては後ほど報告させていただきたいと思います。

次に、今年の夏に実施いたしました2つの新しい事業について申し上げます。

まず、「第1回ひまわりフェスティバル」について申し上げます。
去る7月19日から8月17日までの約1か月間開催いたしました「ひまわりフェスティバル」は、市内外より約4万7千人の方々にご来場をいただきました。
この事業は、下清戸の石井さんからご提案いただき、清瀬の素晴らしい個性である「農のある風景」を市内外の方々にぜひ知っていただきたいという思いから、関係農家等の皆さんによる「清瀬市農のある風景を守る会」など約80人の皆さんのご協力をいただきました。

期間中は猛暑が続きましたが、2万平米という広い農地に咲いた10万本のひまわりは、訪れた方々に感動を与えてくれました。また、会場内で行われたひまわりの切花販売やピュアホワイトをはじめとした清瀬産の新鮮な野菜の直売なども大変好評でありました。

次に、川まつりについて申し上げます。

去る8月2日、柳瀬川と台田運動広場を会場に、「第1回きよせ川まつり」を開催いたしました。当日は、天候にも恵まれ、子ども達や家族連れなど多くの皆さんにご参加いただきました。

この川まつりは、「川づくり・清瀬の会」をはじめ12団体で構成する実行委員会により運営され、“川にふれる、川に学ぶ”をテーマに、魚の捕獲体験や観察会、ボート遊び、パネル展示などが行われました。柳瀬川に清流が戻ったことを肌で感じることができるイベントとなりました。

この新たな2つの事業は、清瀬の個性である「農のある風景」や「水と緑」に磨きをかけ、まちの魅力を高めることができる事業であるとともに、いずれも市民の皆さんとの協働により実施することができた事業であります。今後も、こうした事業を通して、個性的で魅力あるまちづくりを進めてまいりたいと考えております。

次に、現在進めております2つの事業について申し上げます。

まず、清瀬市民センターの再整備について申し上げます。
昨年10月に清瀬市民センター再整備検討委員会からいただいた答申に基づき再整備基本構想をまとめ、4月から基本設計を進めてまいりました。基本設計を進めるにあたっては、再整備検討委員会の方々との意見交換会などを行い、プロポーザル方式で選定いたしました設計業者との協議を重ね、8月末に基本設計ができあがりましたので、今後、実施設計へと進めてまいりたいと思います。なお、改修工事に伴い、平成21年4月から22年9月までの間、施設を休館し、平成22年10月にはリニューアルオープンしたいと考えております。

2つ目は、旧都立清瀬東高校の取得について申し上げます。

今年度中に校舎と体育館を取得し、平成21年度に土地を取得する方向で、ただ今東京都と交渉を進めておりますが、都では8月から、購入対象外としております格技棟とトレーニングルームの解体に向けた実施設計に入っておりまして、年明けに解体工事に着工、3月に工事完了の見込みであるため、建物の取得は3月になる予定であります。土地のほうは、旧第九小学校の売却益を購入財源の一部に充てるため、まず旧第九小学校を解体して売却する必要がございますので、取得は平成21年度後半になる見込みで、施設全体を市民の皆さんに開放できるのは、平成22年度になる予定でございます。

建物を取得後、土地を取得するまでの間は、施設・設備の総点検を行い、電気、ガス、水道などのライフラインの復旧をはじめ一部施設の修繕、バリアフリー化など一定の整備を行う予定であります。

また、利用方法につきましては、これまで各団体から様々なご意見をいただいているところでありますが、建物の取得後、広く市民の皆さんから具体的な利用提案を募り、新たに設置する選定委員会で選定してまいりたいと考えております。

次に6月以降の主な事業について申し上げます。

まず、小・中学校の耐震化工事の状況について申し上げます。
子どもたちの安全と市民の緊急避難場所を確保するため、平成22年度までに全ての小・中学校の校舎及び体育館の耐震化が完了できるよう全力を挙げて取り組んでおりますが、今年度は、第四・第八小学校、第二中学校の体育館と、第十小学校校舎の大規模改造を含む耐震化工事を進めております。

当初は鋼材等の建築資材の高騰など社会情勢の変化により、入札が不調となったことから契約が遅れておりましたが、7月に契約を無事終了し、工事も順調に進んでおり11月末には竣工できる予定であります。

第十小学校では、子どもたちが毎日使用する普通教室等の改修工事を予定通り夏休み期間中に完了することができましたので、大きな支障も無く2学期に入ることができました。引き続き、特別教室の改修と耐震補強材の取り付け工事を実施してまいりますが、子どもたちの安全確保を最優先に、できる限り授業に支障が生じないように配慮しながら工事を進めてまいりたいと思います。

2つ目は、太陽光発電機器設置補助金について申し上げます。
太陽光発電の普及により、地球温暖化防止及び環境負荷の低減に貢献し地球環境の保全を促進するため、今年度新たに太陽光発電機器設置に補助金を交付する制度を開始いたしました。

6月15日号の市報でお知らせし、7月1日より募集を開始しましたところ、1か月足らずで10件以上の申込みをいただき、今年度の予算範囲内での補助を終了いたしました。なお、来年度以降、都と国からも助成が制度化される予定であります。

3つ目は、世論調査について申し上げます。

市政をより効果的に進めていくため、3年に一度、市民の意識や意向を調査する世論調査を実施しておりますが、今年度は第12回目となる調査を実施いたしました。20歳以上の市民1,000人を対象に、6月に調査票をお送りし、661人の方々から回答をいただきました。ただいま集計と分析を進めており、今月末には報告書をお配りする予定でありますのでよろしくお願い申し上げます。

4つ目は、市民課土曜窓口の実施状況について申し上げます。

平成19年7月より開設しました市民課土曜窓口が、開設から1年を経過いたしました。この1年間の状況でございますが、合計3,717件、1日当たりでは平均74件の利用があり、来庁された市民の方からも大変ご好評をいただいております。

5つ目は、社会福祉協議会での地域包括支援センターの開設について申し上げます。

地域包括ケアの中核機関として、高齢者の皆さんへの総合的・包括的・継続的支援を行っております市の地域包括支援センターが、ケアプランの作成数の増加に伴い、1か所での対応が難しくなってきております。また、特定高齢者への介護予防事業の普及・啓発等の充実を図っていく必要があることなどから、10月より清瀬市社会福祉協議会へ委託し、第2の地域包括支援センターを開設いたします。現在、開設に向けて準備を進めており、高齢者の皆さんが安心して生活が送れるよう、より身近な総合相談・支援体制の窓口としていきたいと考えております。

6つ目は、介護サポーター事業について申し上げます。

高齢者自身の社会参加活動を通じて介護予防に資することを目的とした「きよせ介護サポーター事業」を10月から試行実施いたします。多摩地区では、稲城市、八王子市に次いで3番目のスタートとなります。

この事業は、元気な高齢者の皆さんに介護サポーターとして介護施設などで活動していただき、その活動実績に応じた5千円までの有償ボランティア制度であり、高齢者の皆さんに社会参加・地域貢献活動をしていただくことで、生きがいの創造及び介護予防の推進になると考えております。

7つ目に、図書館の開館日・開館時間の拡大について申し上げます。

これまで図書館の課題でありました開館日と開館時間の拡大につきまして、10月より中央図書館と野塩図書館で実施することといたしました。中央図書館は、月曜日と火曜日の週2日だった定期休館日を月曜日と第4火曜日のみとし、その他の火曜日は開館いたします。また、野塩図書館は、平日の開館時間を午前10時からとし、午前中からご利用いただけるようにいたします。

最後に、市の行事について申し上げます。

9月7日には健康まつりが、15日には敬老大会、10月11日・12日はアイレックまつり、13日は市民マラソン大会、そして10月19日は市民まつりを開催いたしますので、ご来場くださいますようお願いいたします。

このほか、本定例会には平成20年度清瀬市一般会計補正予算及び清瀬市まちづくり応援寄附条例など、いくつかの案件を提案させていただいておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げまして、行政報告といたします。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報課秘書係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1807
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。