メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 安全・安心 > 防犯情報 > 空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除について

空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除について

更新日:2019年04月17日

 空き家の発生を抑制するための特別措置として、空き家となったお住まいを相続した相続人が、耐震リフォーム又は取壊しをした後にその家屋又は敷地を譲渡した場合には、その譲渡にかかる譲渡所得から3,000万円を特別控除できることになりました。
 また、平成31年度税制改正により、被相続人が相続の開始の直前に老人ホーム等に入所していた場合についても、一定の要件を満たせば本特例措置の適用対象となりました。 
 
  

「被相続人居住用家屋等確認書」の交付について

 この特例措置を利用するために必要な書類のうち、「被相続人居住用家屋等確認書」を清瀬市総務部防災防犯課で発行します。なお、本特例措置の必要書類等の詳細につきましては、東村山税務署(電話番号:042-394-6811)までお問い合わせください。 

 詳細は下記の関連リンク「空き家の発生を抑制するための特例措置について(国土交通省資料)」をご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

防災防犯課防犯係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1848
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。