メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 生活にお困りのとき > その他支援 > 住居確保給付金

住居確保給付金

更新日:2016年10月18日

住居確保給付金とは、離職者であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、【住居を失われた方】又は【住居を失うおそれのある方】を対象として住居費を支給するとともに、就労支援を実施し、住居及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

支給対象

次のすべてに該当する方

  1. 離職等により、住居を失われた方、又は住居を失うおそれのある方
  2. 申請時において、離職等の日から2年以内の方(65歳未満)
  3. 離職前に、自らの労働により賃金を得て、世帯生計を主として維持していた方(離職前は主たる生計維持者ではなかったが、その後離婚等により、申請時に主たる生計維持者となっている方も対象となります)
  4. ハローワークに求職申し込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行える方
  5. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族の収入の合計額が以下の金額以下であること                                                                            [単身世帯]84,000円+家賃額(上限53,700円)                                                                               [2人世帯]130,000円+家賃額(上限64,000円)                                                                [3人世帯]172,000円+家賃額(上限75,000円)                                                                          [6人世帯]297,000円+家賃額(上限75,000円)                                                                            [7人世帯]334,000円+家賃額(上限83,800円) 
  6. 申請者び申請者と生計を一とする同居の親族の預貯金の合計が次の金額以下であること                                                       [単身世帯]504,000円  [2人世帯]780,000円  [3人世帯以上]1,000,000円
  7. 【国の雇用政策による給付等】及び【自治体が実施する類似の貸付や給付】を、申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族が受けていないこと
  8. 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族のいずれもが暴力団員でないこと

支給額

管理費、共益費を除いた家賃の実費額(上限あり)を支給

 上限額   [単身世帯] 53,700円   [2人世帯] 64,000円  [3人~5人世帯] 69,800円
       [6人世帯] 75,000円   [7人以上の世帯] 83,800円    

 ただし、一定以上の収入がある世帯については、下記の式により算出した額を支給  
 例 [単身世帯で月収84,000円以上ある場合] 
    支給額=家賃額(53,700円を上限)-(月収-84,000円)  

支給期間

原則3カ月

支給方法

大家・不動産媒介業者等へ代理納付(この方法以外の支給はしません)

相談・申請窓口

清瀬市社会福祉協議会「生活相談支援センター」
日時:月曜日~金曜日午前8時30分から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)
住所:清瀬市下清戸1-212-4  コミュニティプラザひまわり2階
電話番号:042-495-5567(直通)
電話もしくは直接おいでください。生活相談・申請方法及び支給方法の、説明をいたします。

このページに関する問い合わせ先

生活福祉課庶務係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所1階
電話番号(直通):042-497-2058
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。