メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 助成・相談 > ひとり親家庭支援 > 母子・父子・女性福祉資金

母子・父子・女性福祉資金

更新日:2016年08月18日

母子家庭・父子家庭又は配偶者のいない女性の方への貸付金です。修学・就職・転宅等目的別に資金が分かれており、必要な額を各資金の限度額内でお貸ししています。

母子福祉資金・父子福祉資金貸付制度

貸付金の名称貸付金限度額据置期間償還期間貸付利率摘要
就学支度資金 入学する学校の種別により、限度額を設定

(例)
私立高校
420,000円
国立大学
380,000円
私立大学
590,000円
貸付による修学終了後 6カ月 20年以内 無利子 児童又は子が高校、短大、大学、専修学校等に入学するために必要な資金(入学金、施設費など)
修学資金 学校の種別により、限度額を設定

(例)
私立高校
月額 45,000円
私立短大
月額 79,500円
私立大学
月額 81,000円
貸付による修学終了後6か月 20年以内 児童又は子が高校、短大、大学等において修学するのに必要な資金(授業料など)
就職支度資金 100,000円  貸付の日から  1年間 6年以内 就職するために直接必要な被服、履物等を購入する資金

(注)貸付金の種類はこの他にも、事業開始資金・事業継続資金・技能習得資金・修業資金・医療介護資金・生活資金・住宅資金・転宅資金・結婚資金があります。

貸付条件

都内に6か月以上在住している母子家庭の母、父子家庭の父等で現在20歳未満の児童を扶養している方。また、貸付が自立につながると判断され、償還(返済)計画を立てることができる方が対象になります。

(注)就学支度資金・修学資金・転宅資金については申込み時に都内居住で可

女性福祉資金貸付制度

貸付金の名称貸付金限度額据置期間償還期間貸付利率摘要
技能修得資金 技能を習得する期間中(5年以内)
月額 68,000円以内
習得期間満了後1年間 20年以内 無利子 就職するために必要な知識技能を習得するために必要な資金(授業料、教科書代など)
医療介護資金 医療 340,000円以内(特別の場合480,000円)
介護 500,000円以内
医療または介護を受ける期間満了後6か月 5年以内 女性または女性が扶養している子が医療を受けるのに必要な資金または女性が介護保険によるサービス(介護)を受けるために必要な資金。保証人がない場合は有利子)
就学支度資金 学校の種別により限度額を設定



 (例)
私立高校
420,000円
私立専修学校
590,000円
私立大学
590,000円

貸付による修学終了後6か月

20年以内 女性または女性が扶養している子が入学するために必要な資金(入学金、施設費など)

(注)貸付金の種類は、この他にも、事業開始資金・事業継続資金・就職支度資金・住宅資金・転宅資金・生活資金・結婚資金・修学資金があります。

貸付条件

(1)都内に6か月以上在住の、配偶者がいない方で、親子・兄弟姉妹などを扶養している方。
(2)年間所得2,036,000円以下の方で、かつて母子家庭の母として20歳未満の子を扶養したことのある方、又は婚姻歴のある40歳以上の方。
いずれも貸付が自立につながると判断され、償還(返済)計画を立てることができる方。 
  

(注)就学支度資金・修学資金・転宅資金については申込み時に都内居住で可

このページに関する問い合わせ先

生活福祉課庶務係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所1階
電話番号(直通):042-497-2058
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。