メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 予防接種 > 予防接種の年齢の考え方

予防接種の年齢の考え方

更新日:2014年10月24日

私たちの生活実感として、1つ歳をとるのは誕生日の当日ですが、予防接種では「年齢計算ニ関スル法律」に基づき、誕生日の前日に1歳年齢が上がると考えます。
例えば、2013年4月2日生まれのお子さんの場合、生後2か月になる日は、2013年6月1日となります(誕生日の2か月後の前日)。

予防接種の年齢の考え方

接種間隔の数え方

「O日の間隔をおいて」の考え方

ヒブワクチン初回接種の「27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて」とは、火曜日に接種した場合、4週間後の同じ曜日(火曜日)から8週間後の同じ曜日の翌日(水曜日)まで接種できます。

注:週数を数えるときは、接種日(=起算日)の曜日を基準にして、同じ曜日がきたとき週数を増やします。

このページに関する問い合わせ先

健康推進課健康推進係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2075
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。