メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 予防接種 > 高齢者 > 高齢者肺炎球菌感染症予防接種

高齢者肺炎球菌感染症予防接種

更新日:2017年08月17日

予防接種対象者の方には4月に通知が届きます

高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種が平成26年10月1日から定期予防接種(国が国民に接種を推奨するワクチン)に指定されました。接種を希望される方は、事前にお申し込みが必要となります。お申し込み方法は、対象の方へ平成29年4月頃ご案内を送付していますので、そちらをご参照ください。転入等ご不明な点がございましたら健康推進課健康推進係までお問い合わせください。

【接種期間】
平成29年4月1日~平成30年3月31日

【接種回数】   
1回

【費用】   
5,000円

【申込方法】   
はがきにてお申し込みください。健康推進課窓口での直接申込みも可(土日祝日を除く)。


平成29年度の接種対象者

 年齢 

対象生年月日

 65歳

昭和27年4月2日生まれ~昭和28年4月1日生まれの方

 70歳

昭和22年4月2日生まれ~昭和23年4月1日生まれの方

 75歳

昭和17年4月2日生まれ~昭和18年4月1日生まれの方

 80歳

昭和12年4月2日生まれ~昭和13年4月1日生まれの方

 85歳

昭和7年4月2日生まれ~昭和8年4月1日生まれの方

 90歳

昭和2年4月2日生まれ~昭和3年4月1日生まれの方

 95歳

大正11年4月2日生まれ~大正12年4月1日生まれの方

100歳

大正6年4月2日生まれ~大正7年4月1日生まれの方

このほかに、60歳から65歳未満の方で心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方(お申込みの際、障がい者手帳をご持参ください)も対象となります。

 

対象者の方でも以下の方は定期接種の対象外になります

 過去に高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種をされたことのある方は定期予防接種の対象外となります。また、接種期間内に接種出来なかった場合、その後の接種は任意接種扱い(全額自己負担)となりますので接種を希望される方はこの期間での接種をお勧めします


高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種とは・・・

肺炎は、日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%以上が65歳以上の方です。肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌感染症の予防接種をしておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待されます。

このページに関する問い合わせ先

健康推進課健康推進係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2075
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。