メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 子育て(未就学児) > 子育て支援 > 子ども家庭支援センターについて

子ども家庭支援センターについて

更新日:2016年03月17日

清瀬市子ども家庭支援センターでは、18歳未満のお子さんと、その家庭に関するあらゆる相談をお受けしています。 お子さん自身からの相談も受け付け、解決のお手伝いをします。
相談の他、ショートステイ事業、ファミリー・サポート・センター事業、ホームビジター派遣事業等のサービスの提供や、子どもと家庭を支援する地域ネットワークづくりも行っています。

注:「虐待かな?と思ったら

事業内容

1.子ども家庭総合ケースマネジメント事業

事業内容

  1. 総合相談事業
    18歳未満のお子さんとその家庭に関するあらゆる相談を
    お受けします。お子さんご自身の相談もお受けします。
    時間  毎日(火曜日を除く)午前9時から午後5時まで
    電話番号 042-495-7701
    注:詳細はこちら「子ども家庭相談
  2. 子ども家庭在宅サービス事業
    a.ショートステイ事業
    子育て中の方が病気等で、子どもの面倒を見ることができない場合に、児童福祉施設等で1日~7日間、お子さんを預かります。また残業等で保護者の帰宅が遅くなる場合に、夜8時までお子さんを預かります。
    注:詳細はこちら→「きよせ子どもショートステイ事業
    b.ファミリー・サポート・センター事業
    冠婚葬祭・学校行事・仕事・買い物・通院・急用等で、一時的にお子さんの面倒を見てほしい時や、保育園・幼稚園・学校・学童クラブ等の送迎の手助けがほしい時、また、病児・病後児の預かり、お泊り保育などに利用できる事業です。
    コーディネーターが、育児の手助けが必要な方と、手助けしたい方を結びつける支援を行います。
    注:詳細はこちら→「ファミリー・サポート・センター事業

2.地域組織化事業

地域における子育てサークル等の活動支援や育児ボランティアの育成を行い、
地域の実情に合ったサービスの提供を行います。

  1. 子育てひろば事業
    地域の中で、子育て中のご家庭が気軽に集える場所を提供しています。
    子育て中の親子同士が相互交流を図ったり、子育てアドバイザー等に気軽に相談をすることができます。また、様々な講座も計画しています。
  • 家庭と違う場所で気分転換したい
  • 育児中の者同士おしゃべりしてリフレッシュしたい
  • 子どもを遊ばせながら育児のことで相談がしたい
  • 育児がつらい
  • 他の家庭ではどうやって乗り越えているのか知りたい方もぜひご利用ください。

注:詳細は以下のホームページをご覧ください
つどいの広場へようこそ

3.要支援家庭サポート事業

  1. 見守りサポート事業・虐待防止支援訪問事業
    引きこもり等、お子さんのことでお困りのご家庭、またはお子さんが、児童養護施設や里親さんからご家庭に帰るにあたり、お子さんとご家族が新しいスタートに向かっていけるよう、必要に応じ相談・指導を行います。
    核家族化により育児が孤独でつらい方、サポートを必要としていながらら支援を求められずお困りのご家庭等に保健師等を派遣し、養育者自身の健康相談や育児相談・栄養指導等を行います。
  2. 育児支援ヘルパー事業
    産前産後、多胎出産、その他の事情により、育児・家事等にお困りのご家庭に、安定した子育てができるよう、育児・家事等の支援を行うヘルパーを派遣します。

注:詳細はこちら→「きよせ育児支援ヘルパー派遣事業

4.在宅サービス基盤整備事業

親の離婚や病気等による事情で家庭での生活ができないお子さんや、虐待等により家庭で生活することが望ましくないお子さんに、里親さんを通して家庭的な養育が庭」の担い手を養成し、この活動の普及をすすめています。

注:詳細はこちら→「養育家庭になってみませんか?

5.ひとり親家庭ホームヘルプサービス事業

市内に在住で、義務教育終了前の児童がいるひとり親家庭であって、次のいずれかに該当するため家事または育児等の日常生活に支障をきたしていると市長が認めた家庭に対して、一定の期間、育児や食事の世話などをお手伝いするホームペルパーを派遣します。

  1. ひとり親家庭となってから2年以内の場合
  2. 小学校3年生以下の児童がいるひとり親家庭の場合
  3. ひとり親家庭の親または義務教育終了前の児童が一時的傷病の場合
  4. 親族等の冠婚葬祭にひとり親家庭の親が出席する場合
  5. 日常の家事及び育児を行っている同居の祖父母等が一時的傷病の場合
  6. 技能取得のための通学、就職活動、出張、学校の公式行事への参加等の場合
  7. その他ひとり親家庭のためホームヘルプサービスが必要と認められる場合

6.ホームビジター派遣事業

育児の不安等を抱え、就学前の乳幼児を養育する家庭に対してホームビジターが訪問し、保護者の話を聞き、家事・育児に一緒に取り組みます。
注:詳細はこちら→「清瀬市ホームビジター派遣事業

  • 詳細は子ども家庭支援センターにお問合せください。

施設利用案内

開館時間

 施設利用案内

午前9時から午後5時15分まで(地域活動室は午後5時まで)

休館日

火曜日・年末・年始

施設内容

  • 情報コーナー(28平方メートル)
    子育てに関するチラシ・リーフレット等を通じて、情報交換・発信をします。
  • 相談室(30平方メートル)
    子どもとその家庭に関する悩みを、相談員がお受けします。
  • 地域活動室(62平方メートル)
    子育てサークルの交流の場として、無料貸し出しています。
     あらかじめ、登録が必要です。
地域活動室 利用時間
午前 9時から正午まで
午後 午後1時~3時
午後3時~5時
  • 但し月曜日15時から17時までは、おもちゃの消毒のため、使用できません。
  • 赤ちゃんふらっと
    授乳ができる、おむつ替えができる等スペースがあります。 

子ども家庭支援センター

このページに関する問い合わせ先

子ども家庭支援センター子ども家庭支援係
郵便番号:204-0012
住所:東京都清瀬市中清戸3-235-5 児童センター内
電話番号(直通):042-495-7701
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-7702

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。