メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ペット > 飼い猫・飼い主のいない猫対策

飼い猫・飼い主のいない猫対策

更新日:2014年11月18日

猫に関する問題は、糞尿やいたずらによる被害、捨て猫、無責任なエサやりなど、いろいろあります。
猫による被害を受けている人は、猫が来ないように自衛策を講ずるしかなく、不幸な猫が増えることに心を痛める人は、個人で地道な活動を続けているのが現状です。
また、東京都内では毎年1万匹以上の猫を行政が引き取り致死処分し、道路などで飼い主不明の死体として処理される猫は2万匹を越えています。

こうしたなか、東京都では、猫を終生飼育し『捨てない』こと、不妊去勢手術を行い『増やさない』こと、健康と安全に配慮し不必要に『命を絶たない』ことを基本理念として、人と猫が共に過ごせる社会を実現していくために、「飼い猫への対策」と「飼い主のいない猫への対応」を下記のように提言しました。

『飼い猫への対策』

飼い主に「屋内飼育」、「不妊去勢手術の実施」、「身元の表示」を推奨。

『飼い主のいない猫への対応』

飼い主のいない猫を不要なものとして排除するのではなく、地域の問題としてとらえたうえで、地域の特性や住民の意思をふまえ、住民主導による合意づくりやルールづくりが可能な場合には、地域の住民を主体に、民間団体や区市町村、東京都が適切な役割を分担し、問題解決に連携協働できる仕組みをつくる。

『飼い主のいない猫対策に取り組む地域の合意形成のための基本的な考え方』(一部抜粋)

  • 猫を排除するのではなく、命あるものとして取り組むものであること
  • 飼い主のいない猫の数を減らしていくために取り組むものであること
  • 猫の問題を地域の問題として住民が主体的に取り組むものであること
  • 地域の実情に応じたルールを作って取り組むものであること

地域での活動が、不妊去勢手術をすることだけを目的にしてしまったり、地域の対立を深めてしまうことのないようにするためには、これらを確認しながら進めていく姿勢が大切です。

このページに関する問い合わせ先

水と緑の環境課環境衛生係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2099
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。