メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ペット > 「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されました

更新日:2014年07月10日

動物の愛護及び管理に関する法律が一部改正され、平成25年9月1日から施行されました。
改正動物愛護法では、動物の飼い主に「終生飼養」の責任があることが法律上明確にされ、動物の虐待に対する罰則や動物取扱業者に対する規則が強化されました。

改正のポイント

1終生飼養の徹底 

  1. 動物の所有者の責務として、動物がその命を終えるまで適切に飼うこと(終生飼養)が明記されました。
  2. 動物取扱業者の責務に、販売が困難になった動物の終生飼養を確保することが明記されました。
  3. 都道府県等は終生飼養に反する理由による引き取り(繰り返しての引き取り、老齢や病気を理由とした引き取り等)を拒否するこができるようになりました。

2動物取扱業者による適正な取り扱いの推進

  1. 動物を販売する場合、購入者にその動物を直接確認してもらうとともに、対面での動物の特徴や飼育方法について説明することが義務付けられました。
  2. 幼齢な犬猫(生後56日以内)の販売が禁止されました。(ただし、平成28年8月31日までは生後45日以内、それ以降は法律が定めるまでの間は生後49日以内)
  3. 飼養施設を有し、一定数以上の動物を非営利で取り扱う場合(譲渡・展示等)には、第二種動物取扱業として都道府県等への届出が必要となりました。

3罰則の強化

  1. 愛護動物のみだりな殺傷
    【旧】1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
    【新】2年以下の懲役又は200万円以下の罰金
  2. 愛護動物のみだりな虐待や遺棄
    【旧】50万円以下の罰金
    【新】100万円以下の罰金

みだりに、動物の給餌や給水をやめたり、酷使したり、病気や怪我の状態で放置したり、ふん尿が堆積するなどの不衛生な環境で飼うことも「虐待」=「犯罪」です。飼い主には、動物に最後まで愛情と責任を持って飼う義務があります。絶対に捨てたり傷つけたりしてはいけません。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

水と緑の環境課環境衛生係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2099
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。