メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ペット > ペットが行方不明です!誰かのペットを保護しています! そんな時は

ペットが行方不明です!誰かのペットを保護しています! そんな時は

更新日:2016年03月17日

ペットを探す方へ

まず行政機関にご連絡を

ペットがいなくなったときには、市役所と警察署、動物愛護センターにご連絡ください。行方不明になった場所とペットの日頃の行動範囲を考えて、清瀬市内から越境している可能性のある場合には、隣接する行政機関の各窓口にもご連絡を。

動物病院、ペットショップにもお問い合わせを

怪我や衰弱をしていた場合、保護した誰かが連れて来てくれている可能性が考えられます。お問い合わせの際は、業務の時間帯等を確認し、迷惑のかからないようにします。

チラシ・ポスターの作成と配布・掲示

写真を入れるなどなるべく多くの情報を載せて行方不明地点を中心に配布・掲示します。ポスターの掲示を他人の工作物に行う場合には、管理者の許可を得ます。

ネット掲示板やSNSでペットが見つかった例も

ペットの愛好家が集う掲示板やブログ、SNSを通じてペットが見つかった例もあります。利用環境によっては有効な手段です。ただし個人情報の取り扱いには十分ご注意ください。

行方不明時の情報を整理して正確に

連絡時も印刷物作成時も、写真を含むなるべく正確な情報を、受け手に分かりやすく伝える工夫を。行方不明になった日時、ペットの種類、年齢、性別、体重、毛の色、耳や尻尾など身体的特徴、当時身に着けていたもの(首輪、服、リードその他アクセサリー)をなるべく正確に思いだし、整理します。

見つかった時には報告を

捜索を呼び掛けられた側は、見つかったことを知らずに探し続けています。見つかった場合には、各方面に対してその旨のご報告をお願いします。

まず、いなくならない飼養環境の工夫を

犬は逃げる恐れのない柵の中か、綱及び鎖で確実に係留して飼養することが、都条例で義務付けられています。万が一の逸走の際も、市役所に犬の登録をした際に交付を受けた犬鑑札を身に着けていれば、戻る確率が格段に上がります。猫と鳥類は室内で飼い、万一に備えて首輪や足環を装着します。猫用首輪や鳥用足環には飼い主の連絡先を。マイクロチップの装着は、災害時にも効果的です。




ペットを保護した方へ

 ※ここで述べられているペットとは、犬、猫、うさぎ、ペット用鳥類など、いわゆる愛玩用として扱われている動物類の話です。自然の世界で自活している野生動物や、巣立ちに失敗した野鳥の雛などを連れ帰ることは、絶対に行わないで下さい。

まず行政機関にご連絡を

ペットを保護したときには、清瀬市役所と東村山警察署、動物愛護センター多摩支所にご連絡ください。その際、保護した個体の特徴と保護した場所、日時も合わせてお伝えください。

ネット掲示板やSNSで飼い主が見つかった例も

ペットの愛好家が集う掲示板やブログ、SNSを通じて飼い主が見つかった例もあります。利用環境によっては有効な手段です。ただし個人情報の取り扱いには十分ご注意ください。

保護したが自分のうちには置いておけない場合は

保護された放浪ペットは法律上、拾得物に該当します。東村山警察署に引き渡しをしてください。 

保護したが治療が必要な怪我を負っている場合

残念ながら、飼い主が現れた時に治療方法や治療費のことでトラブルになるケースも見受けられます。治療はあくまでも保護した方の判断と自己責任で行うよりほかありません。無理な場合は、発見場所から動かさないで下さい。傷病状態の愛護動物については、動物愛護相談センターで相談を受け付けております。

 

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

水と緑の環境課環境衛生係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2099
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。