新型コロナウイルス感染症の感染の仕方・重症化リスク・相談窓口

ページ番号1007067  更新日 2021年9月8日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とは?

人に感染するコロナウイルスは、元々風邪の原因ウイルスのひとつです。
人以外に、ネコやブタ、コウモリやラクダに感染するものもあります。これまでに、人に感染し一般の風邪の原因となるウイルス4種類と、SARSウイルス、MARSウイルスの2種類が知られていました。今回の新型コロナウイルスは、SARSウイルスに近縁のコロナウイルスです。
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症をCOVID-19(感染症法では新型コロナウイルス感染症)と呼びます。

感染するとどのような症状がでるの?

  • 主な症状は、発熱、せき、咽頭痛、倦怠感(体のだるさ)です。一般的な風邪に似ていますが、症状が長引く傾向があります。味覚や嗅覚の異常がみられることもあります。
  • 症状が現れない人や、ごく軽い症状の人もいます。
  • 症状が出始めてから約1週間後に息苦しさを感じ、肺炎と診断される人もおり、その後、急激に呼吸状態が悪化することもあります。
  • 特に高齢の人や、糖尿病、高血圧、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人、喫煙者や肥満の方は重症化する傾向があります。
  • 後遺症として、倦怠感、味覚・嗅覚障害、呼吸困難、微熱、頭痛、胸痛、脱毛などが数か月にわたってみられることがあります。
  • 感染してから3~5日後に症状の出ることが多いです。(最短で1日、最長で14日)

どうやって感染するの?

主に飛沫(ひまつ)感染、接触感染、マイクロ飛沫(エアロゾル)感染により伝播すると考えられています。

飛沫感染
感染した人の咳・くしゃみ・つば・鼻水など飛沫の中に含まれているウイルスを口や鼻から吸い込むことにより感染します。飛沫は、1~2メートルまで届きます。
接触感染
ウイルスがついた手指で鼻や口や目に触れることで、粘膜を通じて感染します。また、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、周りの物に触れるとウイルスがつきます。その後、他の人がそのウイルスの付いた物を触った手で自分の口、鼻、目を触ることで粘膜から感染します。
マイクロ飛沫(エアロゾル)感染
換気の悪い密閉空間では、5マイクロメートル未満の粒子が数時間、空気中を漂います。マイクロ飛沫は2メートル以上離れた距離に届きます。

潜伏期・感染可能期間ってどのくらい?

潜伏期は1~14日間で、曝露から5日程度で発症することが多いと言われています。
感染可能期間は発症の2日前から発症後7~10日間程度とされています。また、発症の直前・直後で特にウイルス排出量が高くなると考えられています。

どうなると濃厚接触?

濃厚接触かどうか判断するうえで重要な要素は、「距離の近さ」と「時間の長さ」です。
必要な感染予防対策をせずに、対面でお互いに手を伸ばしたら届く距離(約1メートル以内)で15分以上の接触があった場合に濃厚接触と考えられ、感染のリスクが生じます。

感染しないためには?

家庭でできる感染対策の基本は次の5つです。

1.常にマスクをつけましょう

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫やそこに含まれるウイルスなどの病原体が飛び散ることを防ぎます。
他の人が2メートル以内の距離にいる場面では、常にマスクをつけましょう。

2.手洗いをしましょう

手洗いのタイミングは、以下のとおりです。

  • 外出から戻った後
  • 多くの人が触れたと思われる場所を触った時
  • 咳・くしゃみ、鼻をかんだ後
  • 症状のある人の看病、お世話をした後
  • 料理を作る前
  • 食事の前
  • 家族や動物の排泄物を取り扱った後
  • 自分がトイレを利用した後

手洗いができないような場合は、アルコールを含んだウエットティッシュで手の隅々まで丁寧に拭くのも効果的です。

3.換気をしましょう

日中は1~2時間ごとに5~10分間窓や扉を開ける、あるいは5~10センチメートルほど常時開けておくなどして部屋の空気を新鮮に保ちましょう。
空気の流れをつくるために、部屋の対角線上のドアや窓を開けるとよいとされています。

4.環境消毒をしましょう

家族がよく触れる場所(ドアノブ、照明のスイッチ、リモコン、洗面台、トイレのレバー等)を消毒しましょう。消毒は、スプレーや噴霧ではなく、拭き取りで行ってください。
新型コロナウイルスには、界面活性剤を含む家庭用洗剤、石けんが有効です。手のよく触れるところを、100倍希釈した家庭用洗剤で拭き掃除してください。
漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム水溶液)を使用した場合は、拭いた場所が錆びるおそれがありますので、消毒後は水拭きしてください。

5.3密の場面を避けましょう

換気の悪い密閉空間(車の中も含む)、たくさんの人が集まる密集場所、近距離で会話や発声をする密接場面は、集団感染が起きやすい場所です。
3つの条件(密閉・密集・密接)が重なる場面を避けましょう。

感染リスクが高まる「5つの場面」

  • 飲酒を伴う懇親会等
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり

感染リスクが高まる場面をさける、行かない行動をとりましょう。

感染予防について、こちらも併せてご覧ください。

外国人の方へ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康推進課成人保健係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2076
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。