新たにテイクアウトやデリバリーをはじめる事業者の方へ

ページ番号1004095  更新日 2021年2月5日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症対策清瀬市業態転換支援事業

清瀬市では市独自の緊急経済対策として、新たにテイクアウトやデリバリーを実施するために東京都中小企業振興公社の「業態転換支援事業」を利用した事業者の皆さまに上乗せ補助を実施します。

申請条件

次の1及び2の要件に該当する事業者。

  1. 清瀬市内で飲食業を営む中小企業者(個人事業主)であること。
  2. 公益財団法人東京都中小企業振興公社の業態転換支援事業の助成金の交付決定を受けており、助成金額が確定していること。

補助額

公社から交付確定を受けた業態転換支援事業の助成対象経費の5分の1以内の額(上限10万円)

対象期間及び受付期間

令和2年7月1日から令和3年3月30日
 ※都の業態転換支援事業は期間が延長されていますが、市の事業は上記の期間です。ご利用にあたってはご注意ください。

申請書類及び交付要領

提出いただく書類

交付申請書に以下の書類を添えて提出してください。

  • 東京都中小企業振興公社に提出した業態転換支援事業交付申請書の写し
  • 東京都中小企業振興公社から通知された交付決定書の写し
  • 東京都中小企業振興公社に提出した実績報告書(付表1,2含む)、金額根拠資料の写し
  • 東京都中小企業振興公社から通知された交付確定書の写し

国や東京都による支援

国では新型コロナウイルスの影響を乗り越え、非対面型ビジネスモデルへの転換等により販路開拓に取り組む小規模事業者向けに補助を行っています。
また、東京都では中小飲食事業者が新たなサービスとしてテイクアウトやデリバリー、移動販売をはじめるための広告費や車両費等の経費の一部を、またガイドラインに基づきパーティションや換気設備等の設置、サーモカメラ等の導入に対して助成しています。詳しくは下記のWebサイトをご覧ください。

営業許可にご注意ください

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛要請等により、新たにテイクアウトやデリバリーをはじめる事業者の方が増えています。販売するものによっては、新たに営業許可の届出が必要になる場合もあります。必ず下記のWebサイトで調べたうえ、不明な点は事前に保健所に相談してください。

酒類のテイクアウトには免許が必要になります

酒類のテイクアウトには酒類小売業免許が必要となります。販売にあたっては下記のWebサイトで調べたうえ、手続を行い、正しく販売しましょう。

#清瀬エール飯でPRしています

清瀬市では「#清瀬エール飯」としてテイクアウトやデリバリーを利用した方や事業者の方にSNSを使って投稿していただく呼びかけを行っています。詳しくは下記のページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

産業振興課産業振興係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 健康センター2階
電話番号(直通):042-497-2052
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。