急な災害に備え、避難計画(個別支援計画)を作りましょう

ページ番号1003338  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

避難計画(個別支援計画)ってなに?

  • 災害時の避難に備えた行動を、一人ひとりがあらかじめ決めたものが個別支援計画です。
  • 一般市民向け(東京都作成)の東京マイ・タイムライン(水害用)と、災害時に支援が必要な方(避難行動要支援者)向けの個別支援計画があります。

個別支援計画の作り方

  • お手元に個別支援計画の用紙と、記載例を用意しましょう。(下記よりダウンロードできます。)
  • ご本人、ご家族、日常的なケアに関する支援者などで、記載例を見ながら、安否確認の方法や避難経路、自宅内での過ごし方について、話し合いましょう。
  • 話し合った内容を書き込んで、自宅内の目の届く場所に貼ったり、ご家族や支援者の方にもコピーを持っていてもらいましょう。

災害時に支援が必要な方(避難行動要支援者)とは?

地震や台風・大雨等の大きな災害が起こった際に、ご自分で身を守ることが困難な、以下の方を想定しています。

  1. 75歳以上高齢者のみ世帯の方
    ※ただし、お元気な方は、できるだけ支援者としてご協力ください。
  2. 介護保険制度要介護3から5の認定を受けている方
  3. 身体障がい者手帳1・2級の方もしくは第1種身体障がい者に認定されている方
  4. 精神障がい者保健福祉手帳1級の方
  5. 愛の手帳1・2度の方
  6. 上記に準じる状態で災害時等に支援が必要と認められる方

注:いずれも在宅の方です。老人ホームなどの施設に入所中の方は登録できません。

避難行動要支援者登録制度にご登録を

  • 市では、市民の皆さまが個別支援計画を作成し、災害時にご自分で身を守ることが困難な方が被災することを防ぐため、支援者を決め、速やかな支援や安否確認につながるよう呼びかけています。
  • 避難行動要支援者に該当する方の支援者を把握するため、「避難行動要支援者登録制度」に登録するよう呼びかけています。
    詳細は、避難行動要支援者登録制度のご案内のページをご確認ください。

皆様へお願い

  • 個別支援計画を作成したことによって、災害時の支援が保証されるものではありません。また、支援者は避難行動要支援者の避難支援に関して責任を負うものではありません。
  • 発災時は、地域の助け合いが減災につながる大きな力となります。地域の皆様へは要支援者の方に対するご理解ご協力をお願い申し上げます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

地域包括ケア推進課福祉総務係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2056
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。