東京清瀬市みつばちプロジェクト

ページ番号1003844  更新日 2020年9月30日

印刷大きな文字で印刷

清瀬市では、平成26年3月から地域の活性化、花のあるまちづくり事業の充実、健康食品はちみつの活用を目的に、東京都初の自治体職員による養蜂「東京清瀬市みつばちプロジェクト」を清瀬市役所屋上でスタートしました。

清瀬の豊かな自然環境、健全に営まれている農業により、みつばちは着実に数を増やしていき、平成26年からの4年間で平均約64キロのはちみつを収集することができました。収集したはちみつは清瀬市役所産はちみつ「Kiyohachi(きよはち)」として販売するほか、地産地消の促進のため、市内公立小中学校の給食や料理教室にも活用しました。また、市の歳入確保を目的として平成27年度からは、ふるさと納税返礼品としても活用し、平成29年度までの3年間で220万円を超える寄付を受けることができました。

※ 詳しくは、下記関連ファイルをご覧ください。

写真:採蜜
遠心分離機による採蜜
写真:はちみつ
Kiyohachi(きよはち)

地元業者とのコラボ製品の開発に成功!

平成30年3月には、地元商業の活性化を目的として、市内事業者を対象に清瀬市役所産はちみつ「Kiyohachi」を活用した新製品を募集したところ、2社からの提案を受け、清瀬市としてはじめて市と事業者によるコラボ製品を開発しました。「ひまわり畑マドレーヌ」と「きよはちモイスチャーハニーゲル」の2種類です。自治体が作ったはちみつを地元業者が使用し、コラボ製品を開発したのは全国でも初めてで、大好評をいただきました。

これを受け、本年度も市と事業者によるコラボ製品を募集し、6社からの応募を受け、現在提案の審査を進めています。今年中には商品化する予定ですので、皆さん、乞うご期待ください。

東京清瀬市みつばちプロジェクトオリジナル会員募集中

清瀬市では現在、東京清瀬市みつばちプロジェクトオリジナル会員を募集しています。入会金・年会費は無料です。会員の特典として、「蜜源植物の苗木無料頒布会への参加資格」「市役所屋上の蜂場見学(平日午前9時から午後4時まで・要事前予約)」がありますので、興味のある方は是非下記の要領でお申し込みください。
お申し込みされた方には、一斉メール配信サービスにて、イベントなどの情報をお知らせします。

申込み方法

件名「会員申し込み」とし、氏名、住所、電話番号を記入し、メールにてアドレスmitsubachiproject@city.kiyose.lg.jpへ

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

建築管財課管財係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 第2庁舎1階
電話番号(直通):042-497-1841
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。