ウッドチップの販売

ページ番号1009061  更新日 2021年7月16日

印刷大きな文字で印刷

雑草対策・ぬかるみ対策・暑さ対策に!「ウッドチップ」を販売しています

産業廃棄物として処分されていた伐採した枝や落ち葉を、ウッドチップや腐葉土などに加工し再利用したことで、処分費を削減。平成26年度以降の産業廃棄物の処理費は0円となりました。
「清瀬ウッドチップ」は、市内でせん定した樹木を加工しており、庭などに深く敷き詰めることで、日光を遮断し、雑草の発芽を抑制する効果があります。

画像:ウッドチップ
ウッドチップ
商品

清瀬ウッドチップ

園芸用清瀬スモールウッドチップ

価格
各1袋(45リットル袋に約7キログラム)200円
購入方法

電話で建築管財課管財係(電話)042-497-1841へ

※市内在住者は5袋以上の購入でご自宅にお届けします。

備考

注文が集中した場合は、お渡しまでお時間をいただきますのでご了承ください。

効果的な使い方

(1)敷く場所の雑草を根からしっかり抜きます(根が残っていると、ウッドチップの隙間か
ら雑草が出てきてしまいます)。
(2)ウッドチップを厚さ5センチ以上敷き詰めてください。
※ 雑草発芽対策の「清瀬ウッドチップ」は、畳1/4程度の広さに、1袋が目安です。

画像:使用例
使用例

ウッドチップ・清瀬桜チップができるまで

市内の雑木林の樹木や街路樹を伐採・せん定した木々を直径10㎝程度の大きさに切って、粉砕機へ入れます。
ウッドチップは雑草除けや暑さ対策などに使用します。
清瀬桜チップは市内の小・中学校、地域市民センターなどから倒木防止などのために伐採・せん定された桜の木から作られます。粉砕後、天日で乾燥させて完成です。燻製などに使用します。

画像:ウッドチップの作り方

YouTubeにて「ウッドチップができるまで」の動画を公開しています

通信料は利用者の負担となります。

画像:動画のサムネイル

販売で得た収益は全額緑地保全基金へ

販売により得られた収益は、全額歳入として「緑地保全基金」に積み立てられ、市内の雑木林などの自然環境を守り、育成するための活動に充てられています。市内の自然を維持・管理するために発生した副産物を加工・販売した収益で、清瀬の自然をより豊かなものにすることが、清瀬のエコプロモーションの使命となっています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

建築管財課管財係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-1841
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。