後期高齢者医療制度 こんなときは

ページ番号1003754  更新日 2021年9月2日

印刷大きな文字で印刷

医療費の払い戻しを受けられる場合

以下のようなときで、医療費の全額を自己負担した場合は、後日に申請すると、審査の結果により一部負担金を除いた額が払い戻される場合があります。

該当となる方は、申請が必要となりますので、保険年金課高齢者保険係までご相談ください。

  • やむを得ず保険証を提示できずに診療を受けたり、保険診療を扱っていない医療機関で診療を受けたりしたとき
    • ※やむを得ない事情があったと認められた場合に限ります。
  • 医師が必要と認めた、あんま、マッサージ、はり・灸などを受けたとき
    • ※医師の同意を得て治療を受けた場合に限ります。
    • ※入院中の施術は認められません。
  • 骨折・脱臼などで、柔道整復師の施術を受けたとき
    • ※保険の適用範囲内に限ります。
    • ※入院中の施術は認められません。
  • 海外で診療を受けたとき
    • ※治療目的の渡航は対象となりません。
    • ※日本の保険の適用範囲に限ります。
  • 医師が必要と認めた、コルセットなどの治療用装具を購入したときや輸血の生血代など
    • ※原則として、既製品は治療用装具の対象となりません。

交通事故などにあったとき(第三者行為)

交通事故など第三者から傷害を受けた場合や自損事故の場合でも後期高齢者医療制度で診療を受けることができます。警察への届け出と同時に保険年金課まで必ず届け出をしてください。

《ご注意》示談は慎重に

加害者が治療費を全額負担するのが原則ですが、後期高齢者医療制度での診療を受けた場合は広域連合が一時立て替えをし、加害者に対して請求をします。示談を済ませてしまうと後期高齢者医療制度での診療が受けられなくなる場合があります。

保険年金課窓口での申請に必要なもの

被保険者証、印鑑、事故証明書(後日提出でも可)

※詳しくは保険年金課高齢者保険係までご相談ください。

被保険者が亡くなったとき(葬祭費)

被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った方(喪主)に、葬祭費として5万円が申請により支給されます。

保険年金課窓口での申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 葬儀費用の領収書か会葬礼状
  • 申請者の金融機関、口座番号、口座名義人が確認できるもの
  • 印鑑
  • 後期高齢者葬祭費支給申請書(このページ下部の関連ファイルよりダウンロードできます。)
  • 申請者の本人確認書類

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保険年金課高齢者保険係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所1階
電話番号(直通):042-497-2050
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。