メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 行政経営 > 多摩六都科学館組合

多摩六都科学館組合

更新日:2014年07月01日

多摩六都科学館組合多摩六都科学館組合は、多摩六都科学館の運営、管理を行うために、多摩北部都市広域行政圏協議会構成市(小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市)が共同設置した一部事務組合です。

多摩六都科学館は、圏域住民の生涯学習施設、文化施設となることを目的に、協議会構成市が構想を考え、建設と用地取得に東京都の支援を受けながら、平成6年3月に開館しました。この組合が行う科学館事業は、多摩北部都市広域行政圏協議会事業のひとつでもあります。

当科学館は新青梅街道沿いの「スカイタワー西東京」の麓に立地し、五感を使った体験学習ができる5つの展示室や世界最大級傾斜ドームを誇る「サイエンスエッグ」などがあります。

一部事務組合とは?

地方自治法第284条(第3編第3章第1節)に規定してあり、普通地方公共団体(都道府県、市町村)および特別区(東京都の23区)が行う事務の一部を共同処理するために設けられている組合のことです。特別地方公共団体といい、法人格を有しています。一部事務組合では、他の例として、病院、ごみ処理、上下水道、消防、福祉、学校、公営競技などの運営を行っています。

地方自治法第3編第3

多摩六都科学館組合旗(シンボルマーク)

シンボルマーク開館時に公募を行い、平成6年11月3日に制定しました。未来に向かい成長する「星の子」をモチーフに、自然との対話、ふれあい、科学・技術による緑と生活の調和を表しています。

このページに関する問い合わせ先

企画課企画調整担当
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1802
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。