メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 広報 > 清瀬市ブログ > 平成27年度 > ブログ―市史編さん草子「市史で候」【平成27年9月~10月更新分】町名変更・ゴミ箱詐欺

ブログ―市史編さん草子「市史で候」【平成27年9月~10月更新分】町名変更・ゴミ箱詐欺

更新日:2015年11月26日

shishidesourou-6.jpg

企画部市史編さん室のブログ、市史編さん草子(ぞうし)「市史で候(そうろう)」が平成26年5月30日始動!

市史編さんの進捗状況を報告するほか、清瀬市の歴史・文化・自然を随時紹介。
市史編さん室キャラクター「市史爺(ししじい)」も登場。 清瀬市に関する情報・資料(史料)・思い出も大募集しています。
頂いた情報や思い出は、適宜ブログ内でご紹介させていただきます。
その他、ブログや市史編さんへのコメントなどお気軽に投稿フォームよりご投稿ください。

投稿フォーム←こちらをクリック

注:匿名やハンドルネームの使用をご希望の方はその旨も併せてお知らせください。
お送りいただいた情報・コメントは本ブログ及び市史編さん事業でのみ利用させていただき、その他の目的には一切使用いたしません。

 

 十九の巻「昭和のゴミ箱詐欺?!」平成27年10月16日更新】 

還付金詐欺に、警察を名乗る詐欺、国勢調査員への成りすまし。
公共機関のふりをした詐欺が近年話題になっています。shishijii-hatena.png
そういった話は最近のことなのでしょうか?
今回は清瀬の広報紙を遡って、今ではちょっと想像しにくい詐欺をみてみましょう。


「ゴミ箱は売っていません」

そんな見出しがあるのが、昭和37(1962)年8月15日号の町報(当時は清瀬町)です。
一体なんのことなのか?

記事の全文はこうです。


最近町役場からといって、各家庭をまわってゴミ箱を売っている人がおります。さらにそのゴミ箱をかえば、町がいつでもゴミを集めにくるなどと、いっておるそうです。町ではこのようなことは一切行っていません。またゴミは、町役場厚生課に申し込んでいただかなければ、集めてはおりません。町報 昭和40年3月15日号
このようなことにまどわされないようにご注意を願いたいとおもいます。


現在ではゴミは袋に入れて出しますが、当時はゴミ箱で出して申し込んだ家の分が回収されていくというものでした。
だから町役場のふりをしてゴミ箱を売りつける不届き者がいたんですね。

しかもこの話題、この年で終わりません。
2年後の昭和39(1964)年9月26日号の町報にもこんな見出し。

「七〇〇円のポリバケツを三〇〇〇円に ご注意下さい」

今度の記事ではゴミ収集用のバケツをなんと約4倍にして売りつけています!
やっぱりこの時も、「このバケツを買えば、町でごみをあつめにくる」と嘘をつき、町報では「町では、けしてこのようなことはしていません」と注意を呼びかけました。昭和36年4月25日号


こうしたゴミ収集にかこつけた詐欺が行なわれた背景には、ゴミをゴミ箱やバケツで収集していたこともそうですが、タイミングというものもあったのでしょう。


実はもともとゴミ収集は個人業者がおこなっていたのですが、移行期間(町の委託をうけた業者が収集)を経て、詐欺が話題に登る1年前の昭和36(1961)年4月、清瀬町によるゴミ収集が始まりました。

また、2つの記事の間の昭和38(1963)年1月1日号の町報では「新生活運動で ポリバケツを」の文字。
記事の内容はこうです。

きれいなポリバケツが、ゴミ箱とならんで道端にでていました。
足をとめたところは、野塩の町営住宅です。「ざんぱん入れ」とマジックインキでかかれています。…(途中略)…
これは新生活運動の一端としてこの町営住宅の人たちが実施しているものです。
この運動も、今年は全町的に進めていきたいものであります。

そして町では、台所ゴミを捨てるための硬化ポリエチレン製43リットルのポリバケツを、1個1,000円であっ旋しています。
生活の改善を図る「新生活運動」の一環としているので、衛生面や利便性の問題からポリバケツが推奨されたのでしょう。

流れを整理するとこんな風に。
  昭和36年  町によるゴミ収集開始
  昭和37年  町報にゴミ箱詐欺の注意喚起の記事
  昭和38年  町報でポリバケツを奨励
  昭和39年  町報にポリバケツ詐欺の注意喚起の記事

注意
ゴミ処理の変化に目を付けた悪者がいて、今では想像しにくい詐欺が行なわれていたんですね。
今も昔も制度の変わり目にはお気を付けを

関連町報記事
昭和36年4月25日号・昭和36年8月25日号・昭和37年8月15日号
昭和38年1月1日号・昭和39年9月15日号・昭和44年5月15日号




 十八の巻 「町名変更の歴史」【平成27年9月28日更新】

今回は、清瀬の地名についてお話しましょう。

明治22(1889)年、村になった清瀬は、清戸下宿、中里、下清戸、中清戸、上清戸、野塩の6つの村と下里村飛地から成っていました。*
これらの村を示す大字(おおあざ)の下に、70を超える小字(こあざ)がありました。

例えば、現在の市役所の所在地は、「中清戸本郷道東842」と表されていました。
「中清戸」が大字、「本郷道東」が小字です。

それが今のような住居表示に変わったのは、いつごろのことだったのでしょうか。
町名変更の歴史を振り返ってみましょう。


*『清瀬市史』 昭和48(1973)年刊


bar.blueflower

清瀬の「区域及び名称の変更」いわゆる町名変更は、町の時代に議会にかけられ、昭和39(1964)年から昭和45(1970)年までの間に4回にわたって行われました。町報きよせ昭和39年2月15日号より


最初の町名変更は、前回東京オリンピックの年、昭和39(1964)年のこと。4月1日施行
線路の南側の区域で、新しい地名「松山」「竹丘」「梅園」が誕生しました。

昭和6年の府立清瀬病院開設を皮切りに結核療養所が数多く立ち並んだこの地域は、もともとは雑木林が広がっていた一帯で「芝山地区」と呼ばれており、地名も上清戸芝山野塩境、中清戸芝山、下清戸芝山といった小字名が「いりみだれて」いました。

上清戸、中清戸、下清戸の地名は、現在と同じ場所も指していました。
同じ地名が、線路の北側にも南側にもあるのはまぎらわしい。
地番もわかりにくく、人を訪ねていくにも住所を探し出すのがたいへん。
郵便物や電報の誤配の心配もある。

こうした問題を解決するためにも整理しよう、という動議が町議会に出されたのが昭和35(1960)年。

翌昭和36(1961)年には「呼称地番整理委員会」(翌年には「住居表示審議会」)ができ、検討を重ねました。

全国的にも、昭和37(1962)年に住居表示法が施行され、モデル都市で住居表示の実験が行われていた時期でもありました。
清瀬の町名変更は、こうした動きを見つつ準備が進められ、昭和39(1964)年、まず芝山地区で実施されます。

道路と線路を境としてすっきりと区切られた松山、竹丘、梅園の地域は、町名、住居表示も新たに、町制施行10周年のこの年、新しい歩みを始めたのでした。


bar.blueflower

町報きよせ昭和40年10月15日号より


次の町名変更は、翌昭和40(1965)年11月1日施行。
清瀬駅北側の区域について行われ、もともとの上清戸と、中清戸、下清戸、中里野火止の一部を含む清瀬駅北側の一帯が「元町」と「上清戸」に整理されました

「元町」は、このとき誕生した新しい町名です。

区域と町名の変更にあたって、住居表示審議会は、地元とも話し合いました。
そして、古くからの地名を残したいという声を受けての「上清戸」と、新しい名前としての「元町」の、それぞれ一丁目、二丁目が誕生しました。




bar.blueflower

町報きよせ昭和42年7月15日号より




3回目の町名変更で、昭和42(1967)年、団地の名前にもなっている「旭が丘」という町名が誕生します。
施行は9月1日でした。

清戸下宿地区のうちの約半分、柳瀬川通りの南東側、台田原、岡、屼(ハケ)、松原、清水と呼ばれていた地域が、旭が丘一丁目~六丁目となります。(台田原に隣接する下清戸下宿前の一部も、このとき旭が丘となりました。)

旭が丘のうち、新しくできた団地のある二丁目と五丁目は、住居表示整理対象区域となり、住所は、例えば「旭が丘二丁目〇番〇号」のように表されることになりました。
一方、団地にあたらない一丁目、三丁目、六丁目では、もともとの地番が生かされる形で「旭が丘一丁目○○○番地」のようになりました。



bar.blueflower町報きよせ昭和45年4月15日号より

4回目の町名変更は、それまでの3回に該当しなかった区域について行われました。
昭和45(1970)年7月1日施行

このとき、「清戸下宿」は「下宿」に変更、「野火止」は中里と統合されます。
中清戸、下清戸、中里、下宿、野塩については、名前と番地はそれまでどおりにして、丁目を使うことになりました。

ところがその中には一部、地番によって旧大字とは異なる町名になった区画もあります。
例えば、中清戸本郷道東の836の1から846の6までは、中清戸ではなく中里五丁目になりました。

役所の所在地が「中里五丁目842番地」と表記されるのはこのときからです。

 


bar.blueflower


こうして清瀬の全域で新しい町名と住居表示が整い、この年、和45(1970)年10月1日、清瀬は市制施行の日を迎えたのでした

 



bar.deco2.gif


市史爺からひとこと


小字の名前については、読み方も含め、詳細を調査中です。
情報がまとまりましたら、改めて「市史で候」で取り上げたいと思っています。





☆町報きよせ 町名変更に関連する記事は下記のとおりです。
   昭和35年:5月1日号、9月1日号
   昭和36年:4月25日号、6月15日号
   昭和37年:7月15日号
   昭和38年:4月15日号、6月15日号、7月15日号、9月15日号、12月15日号
   昭和39年:1月1日号、2月15日号、9月15日号、12月8日号(住居表示特集号)、12月15日号
   昭和40年:2月15日号、3月15日号、10月15日号
   昭和41年:1月1日号
   昭和42年:4月15日号、7月15日号
   昭和43年:10月15日号
   昭和45年:4月15日号
すべて『市報きよせ縮刷版』の第1巻に納められています。市内各図書館でご覧いただけます。



このページに関する問い合わせ先

市史編さん室市史係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 健康センター2階
電話番号(直通):042-497-1813
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。