メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 手続き・証明 > 住民票の異動届 > 転入(市外から引っ越してきたとき)

転入(市外から引っ越してきたとき)

更新日:2017年02月13日

住民票は、みなさまの居住関係を公に証明するとともに、市の行政サービスの基礎にもなっている大切な記録です。
住民基本台帳法によって住所等に変更のあった場合(転入・転居・転出・世帯変更届)は、14日以内に届出をすることが義務付けられています。適正な行政サービスをお受けいただくためにも届出忘れがないか再度ご確認ください。

届出要件

届出期間 引っ越した日から14日以内
届出に必要なもの
  1. 転出証明書(転出証明書に準ずる証明書)
    【以下の場合は転出証明書の交付がないため、当該資料が必要となります】
    • 住民基本台帳カードでの転出手続きをされた方は住民基本台帳カード
      注:暗証番号の入力が必要となります。
    • 海外から転入される方は、旅券、戸籍謄本及び附票(本籍が清瀬の場合は不要)
    • 海外から入国される方は、在留カードまたは後日在留カード発行の旨が記載された旅券
  2. 印鑑
  3. 国民健康保険被保険者証等
  4. 国民年金手帳(加入している人)
  5. 本人確認資料
    ア 運転免許証、旅券、顔写真付き住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード等
    の官公署発行の免許証または許可証(顔写真付きのものに限る)のうちいずれか1点以上
    イ 各種保険証、各種年金手帳の場合はその他名前の確認できるものと併せ2点以上
  6. 住民基本台帳カード(転入者でお持ちの方全員)
  7. 特別永住者証明書、在留カード(転入者でお持ちの方全員) 
  8. 通知カード(転入された方全員分)
届出される方 本人または世帯主
届出先 市役所市民課
松山出張所
野塩出張所
受付時間 平日(月曜日から金曜日)午前8時30分から午後5時
土曜日(祝日除く・本庁市民課のみ)午前8時30分から正午、午後1時から午後5時
注:上記時間以外は受付できません。
申請方法 届出に必要なものを持参して、窓口までお越しください。

(注:)入国の際に自動化ゲートを利用された方にお願い
帰国され転入手続きを行う際には旅券(パスポート)及び旅券上の出入国記録(スタンプ)で住民登録日を特定し処理を行っております。清瀬市では、自動化ゲートを利用した場合には帰国時点の搭乗券(半券)等入国日のわかる書類が必要になりますのでよろしくお願いします。

注意事項

  • 届出の際、通知カードを持参されなかった場合は、後日新住所を記載するため通知カードを持参ください。
  • 別世帯(住民票が別)の方が代理で届出を行う場合、委任者が作成した委任状及び代理人の本人確認書類、印鑑が必要となります。
    注:住民基本台帳カードで転入する場合、任意代理人では手続きできません。
  • 異動者本人からの届出で同居人等として既存世帯に入る場合には、入世帯の世帯主の同意書が必要となります。
  • 同一住所地に別世帯として住民登録を行い、❍❍方を方書として記載する場合は、世帯主の同意書が必要となります。
  • 詳しくは下記までお問い合わせください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民課住民係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所1階
電話番号(直通):042-497-2037
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。