メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 生活にお困りのとき > その他支援 > 清瀬市生活困窮者自立支援事業

清瀬市生活困窮者自立支援事業

更新日:2020年07月15日

きよせ生活相談支援センター 「いっぽ」を開設しました

 市では、失業や離職等により生活にお困りの方を対象に、悩みや課題などを確認し、自立・安定した生活を迎えられるよう、就労や福祉サービスの活用などの支援窓口を設けて、無料相談を実施してまいりました。
 今年度より、新たに就労支援事業、就労準備支援事業、家計相談支援事業を加え、支援体制の整備拡充を図ります。
 相談を希望される方には、きよせ生活相談支援センター「いっぽ」の相談支援員が一人ひとりていねいに相談に応じますのでお気軽にお問い合わせください。

生活にお困りの方のために無料相談窓口を常設し、次の事業を行っています。

〇自立相談支援事業
 
生活習慣やこころの病気、借金など生活していくうえでのさまざまな問題を抱えた方への総合的な相談支援です。専門の相談員と一緒に考えながら問題をひとつずつ整理し、自立に向けた計画を立て、寄り添い型の支援により安定した生活を目指します。

〇住居確保給付金給付事業
 
離職等により、経済的に困窮し住居を失われた方、または住居を失うおそれのある方への支援です。住まいを維持するため、専門の相談員が諸手続きをお手伝いしながら、ハローワークの協力のもと、一定期間、家賃の実費分の支給を受けることができます。

〇就労支援事業
 
なかなか就職できない、仕事が続かない、応募書類が作成できないなど、就労に関する問題を解決する支援です。専門の支援員による細やかな相談と仕事の紹介・あっせんにより安定した就労を目指します。

〇就労準備支援事業
 
長期の離職やひきこもりなどによって、日常生活や社会生活に課題を抱える方に、キャリアカウンセリングやボランティアなど、自立に向けた訓練を提供する支援です。無理のないよう、段階的にプログラムをすすめながら、就職活動の開始を目指します。

〇家計改善支援事業
 借金の返済等により毎月のお金のやりくりが難しい、家賃や公共料金などの滞納がある、収入が不安定であるなどの家計に関する問題に対する支援です。収支状況を整理し、適切な家計管理ができるよう計画的にサポートします。

 ※支援内容によって年齢・収入・預貯金・資産状況などの要件がありますので、詳細は、相談窓口までお問い合わせください。


<相談窓口>

きよせ生活相談支援センター「いっぽ」
住所 清瀬市元町1-11-21 1F北側
電話 042-495-5567
相談時間 月曜~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)午前8時30分~午後5時

<対象となる方>

市在住の方で、経済的なことなどでお困りの方

例:
就職に困っている方や病気で稼働できなくなった方
家賃や税金等を滞納している方や債務もあり生活に困窮している方

<相談支援などの内容>

例:
相談者の生活状況などを確認し抱えている問題を整理します。
問題の解決方法などを一緒に考えます。
就労に向けハローワークと連携しながら就労支援を行います。
福祉や労働の制度活用のための情報提供等を行います。
税金の滞納や債務整理などに関する相談・支援を関係機関と行います。

関連リンク

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。