メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 高齢の方へ > 【地域包括支援センター】家庭でできるシニア世代の健康づくりについて

【地域包括支援センター】家庭でできるシニア世代の健康づくりについて

更新日:2020年04月28日

家庭でできるシニア世代の健康づくりについて

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発令され不要不急の外出自粛が続く中、
自宅過ごす期間が長期化し、体を動かす機会が減るとシニア世代はフレイル(要介護手前の状態)に陥る危険性が高まります。

家庭でできる健康づくりで、フレイルを予防しましょう!

独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所作成の、健康アプリを紹介します。
アプリのダウンロード(別途通信料はかかります)や利用は無料です。

<アプリ一覧>
1.運動カウンター
 フレイル予防のため、運動記録を楽しくできる「運動カウンター」は、メニューから運動の種類をワンクリックで選択でき、
 ランダムに組まれたメンバーと協力しながら運動の実践ができます。

2.食品摂取多様性カウンター「食べポン」

 食事記録を楽しく実施できる「食べポン」では、メニューから摂取した食品群をワンクリックで登録できます。
 足りていない食品のオススメもしてくれます。

3.踵(かかと)上げ健康アプリ「フラワーガーデン」

 踵(かかと)を上げ下げして、ふくらはぎを鍛えられます。1つのアプリで複数人のアカウントを登録できるので
 家族や友達、グループで一緒に競い合いながら楽しく運動ができます。

4.スクチャレ

 「スクチャレ」は、スクワット運動の記録とその競争ができるアプリです。


各アプリの詳細については、下記リンクでご確認ください。


関連リンク

このページに関する問い合わせ先

地域包括ケア推進課地域包括支援センター
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2082
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。