メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > まち・環境 > 土地 > 土地取引の届出

土地取引の届出

更新日:2015年07月22日

国土利用計画法に基づく土地取引の届出について

土地は有限で、国民の諸活動の重要・不可欠な基盤のひとつです。その利用に際しては、総合的、計画的に適正な利用を図ることが必要です。こうした考えを背景にして国土利用計画法では、大規模な土地取引を行う場合、利用目的や予定取引価格についての届出・許可制度を設けています。

【事後届出制】

市内の2,000平方メートル以上の土地取引の契約をしたときは、権利取得者(売買の場合であれば買主)は、契約を結んだ日を含めて2週間以内に都知事あての届出書に必要な書類を添付して、市へ届出をする必要があります。
届出様式や記載例、パンフレットは、市または、東京都都市整備局都市づくり政策部都市計画課の窓口、もしくは、下記の東京都公式ホームページをご覧ください。

罰則

  • 届出を行わなかった場合、あるいは偽りの内容での届出を行った場合、6か月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられることがあります。

公有地の拡大の推進に関する法律に基づく届出および申出について

都市計画施設(道路・公園等)の予定区域などで200平方メートル以上の土地や、市街化区域内で5,000平方メートル以上の土地などを有償で譲渡しようとするときは、「公有地の拡大の推進に関する法律」に基づき、売主は契約する3週間前までに届出が必要です。

【届出】

市内の5,000平方メートル以上の土地、もしくは都市計画施設等の区域内や生産緑地地区の区域内で200平方メートル以上の土地取引を行う場合は、譲渡しようとする日の3週間前までに、届出書に必要な書類を添付して、市へ届出をする必要があります。

【申出】

市内の100平方メートル以上の土地について、地方公共団体等による買取りを希望する場合には、市長にその旨を申し出ることが出来ます。申出をする場合には、市へ申出書を提出してください。

届出・申出用紙及び添付図面

  1. 届出・申出の用紙は下記[関連ファイル]よりダウンロードください。
  2. 提出部数は、正本・副本(控え)の2部ご提出ください。(それぞれに図面を添付してください。)
  3. 添付図面
    1.位置図 縮尺25,000分の1程度の地形図又はこれに代わるものに当該土地の位置を明示したもの
    2.周辺状況図 周辺の状況が分かる住宅案内図等に当該土地の区域を明示したもの
    3.平面図 公図の写し

罰則

  • 届出をしないで土地取引をしたり、虚偽の届出などをすると50万円以下の過料に処せられることがあります。

【清瀬市における大規模土地取引行為の届出】 

5,000平方メートル以上の土地取引行為を行う場合には、清瀬市住環境の整備に関する条例第19条の規定により、大規模土地取引行為の日の3月前までに、その内容を市長に届け出をしてください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

まちづくり課まちづくり係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2093
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。