メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > まち・環境 > まちづくり・都市計画 > 開発 > 開発事業

開発事業

更新日:2019年03月22日

清瀬市住環境の整備に関する条例

市内において下記の開発事業を行う場合には、清瀬市住環境の整備に関する条例に基づき手続きをしていただく必要がありますので、事前にまちづくり課までご相談ください。(注:平成26年4月1日より条例及び施行規則が改正されました。変更箇所の詳細はまちづくり課までお問い合わせください。)

  1. 都市計画法第29条の規定による許可が必要な開発行為 (詳細は東京都のホームページをご覧ください。)(条例第27条第1項第1号)
  2. 畑及び山林等(現況地目で、宅地以外のものをいう。)の土地を宅地とする行為、若しくは現況地目が宅地であっても新たに区画に分ける行為で、区域の面積が500平方メートル以上のもの (条例第27条第1項第2号)
  3. 高さ(建築物の最も高い部分の地盤面からの高さ(避雷針又はアンテナに類する物は除く。)10メートルを超える建築物の建築(条例第27条第1項第3号)
  4. 16戸以上の共同住宅等を建築合 (条例第27条第1項第4号)
  5. 延べ面積が500平方メートル以上の建築物の建築 (条例第27条第1項第5号)
  6. ワンルーム形式の共同住宅で延べ面積が300平方メートル以上の建築物の建築(条例第27条第1項第6号)

また、下記に掲げる開発事業のいずれかを行う場合には、規則で定める基準を順守しなければなりません。 

  1. 事業面積が500平方メートル以上の駐車場(前項第5号の適用を受けるものは除く。)の新設又は増設
  2. 事業面積が500平方メートル以上の墓地の新設

注:清瀬市住環境の整備に関する条例及び条例施行規則をご覧いただき、必要な手続き内容・整備基準等をご確認ください。

注:開発行為の許可(都市計画法第29条)は、東京都多摩建築指導事務所(府中合同仮庁舎)になります。

注:建築物の確認、許可等及び指導は、東京都多摩建築指導事務所(小平合同庁舎)になります。

手続きの流れ

条例上の適用項目により以下の流れで手続きしていただきます。
適用する項目により手続きの流れが異なりますので、下記フローチャートでご確認ください。なお、フローチャート中の期間はあくまでも目安です。開発事業の内容によっては、手続きの期間が延びる可能性があります。 

適用項目ごとのフローチャート(項目をクリックしてください)

手続き様式

各手続きは下記の書式により申請・届出等を行ってください。 
注:平成29年9月1日より、一部の書式を更新しています。

各種構造図

開発事業については、以下の標準構造図に基づき公共施設等の整備を行っていただく必要があります。現場によっては標準と異なる構造で整備していただく場合もありますので、適宜、まちづくり課または担当課までご相談ください。

道路関係
L形側溝・集水桝
二連集水桝
街渠
境界杭
境石工
復旧工図
道路反射鏡
街路灯・園内灯   

下水関係
汚水管
汚水人孔
汚水人孔蓋
汚水公共ます(L形用)
汚水公共ます(宅内)
取付管他
浸透トレンチ・浸透ます(宅内浸透)
東京都開発マニュアル雨水浸透計算シート(資3-1~)(※流出係数は本編に記載1-3-4-4)

公園関係
公園仕様書
園名板
遊具・施設等

清掃施設関係
清掃施設

消防水利関係
防火水槽
防火水槽蓋・水利標識
消火栓(※東京都水道局の負担金工事となる場合があるため注意)

このページに関する問い合わせ先

まちづくり課まちづくり係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2093
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。