メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 清瀬市ガイド > 市内の見どころ > 緑と親しむ > 市有林

市有林

更新日:2016年02月02日

緑と親しむ

市有林市では、かけがえのない財産である緑を保護育成することで、良好な自然環境を保持するため、樹林を環境保全区域として指定し、標示板を設置するなど、緑を育成するための各種施策を展開しています。そして、それら保護施策のひとつとして雑木林の公有地化を進め、現在市内に11ヵ所11,001平方mの市有林があります。

その中で最も広い中里六丁目の市有林には、樹齢20年から50年のコナラ、クヌギ、エゴノキなどの落葉樹を含む約300本の樹木があります。そして、この市有林では、萌芽更新を行っています。

萌芽更新とは、一定の年数を経るごとに伐採・萌芽が繰り返されるなど、人為的に若返りが図られることです。かつて武蔵野の雑木林は、薪や炭などの燃料を得る場として人々の暮らしに深く関わり、常にこの萌芽更新が行われていました。手を加えない雑木林では、常緑樹の割合が高まり、1年中暗く湿った林が形成されがちです。かつての武蔵野の雑木林は、落葉樹の林で、陽光が差し込むため、ヤクシソウ、アワコガネギク、リョウノウギク、センブリ、カワラナデシコ、オトギリソウなどの野草や、アカシジミ、ミドリシジミなどの蝶も見られました。

市では、市有林が「武蔵野の雑木林」として再現できるように、今後ともこの萌芽更新を緑の保護施策の1つとして位置付けていきたいと考えています。

このページに関する問い合わせ先

水と緑の環境課緑と公園係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2098
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。