メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > まち・環境 > 下水道 > 下水道について > 社会資本総合整備計画について

社会資本総合整備計画について

更新日:2019年12月11日

 市民の皆様が安全で快適な生活を送るための下水道事業を運営していくには多額の費用がかかります。このため、清瀬市の下水道事業は、社会資本整備総合交付金(国庫補助金)を財源の一部として、汚水管の老朽化対策や雨水管の整備を行っています。
 補助金の交付を受けるためには、国に計画を報告し承認を得る必要があります。  その計画は、目標の妥当性、整備計画の効果及び効率性、整備計画の実現可能性について自主的・主体的に検証し当該検証結果とともに、公表することとなっています。 
 清瀬市では平成28年度から平成32年度までの清瀬市公共下水道整備計画を作成し、この計画に基づき事業を実施しています。平成30年度からは雨水管の整備事業を重点計画に位置付けました。 
 また、平成23年度から平成27年度に計画が終了した清瀬市公共下水道整備計画の事後評価書を作成しましたのでお知らせします。

 

 

このページに関する問い合わせ先

下水道課施設計画係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2532
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-0165

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。