メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 郷土博物館 > その他 > 郷土博物館施設内のアスベストについて

郷土博物館施設内のアスベストについて

更新日:2019年04月10日

 郷土博物館施設内(展示ホールの天井部分)の吹付材に、基準値以上のアスベストが含有されていることが、調査の結果により判明しました。
 この調査結果をもとに、展示ホールの天井部分のアスベスト除去工事を実施します。
 

工事期間 

 7月9日(火曜日)から7月21日(日曜日)まで

 除去工事期間中、安全性を確保するため展示ホール、歴史展示室及び民俗展示室は閉鎖しますが、その他の施設は使用できます。また、一部の施設利用に際してはう回路をしてご利用いただく場合があります。
 利用に際してご不便をおかけします。ご理解をお願いいたします。
 

経緯の説明

 本年3月、木造を除く市有施設47か所を一級建築士が設計図面及び目視により調査をし、専門機関が素材サンプルを採取して検査したところ、郷土博物館展示ホール天井部分の建築資材の一部からアスベストが検出されました。これにより、アスベストの除去工事をするものです。

 市では、安全性確認のため、施設内の大気中の塵及びアスベスト等を検出する浮遊濃度調査を実施したところ、「環境省のアスベスト モニタリング マニュアル」の基準をクリアしています。また、慎重を期して浮遊物質内にアスベストが含まれている割合を調べる顕微鏡検査を追加実施し、大気中にアスベストの飛散が特にないことを数値的に確認しました。

 なお、除去工事につきましては、細心の注意を払って工事を施工します。市民の皆様にご心配、ご迷惑をお掛けしますがご理解をお願いいたします。

このページに関する問い合わせ先

郷土博物館事業係
郵便番号:204-0013
住所:東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号(直通):042-493-8585
電話番号(代表):042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。