パープルリボンとオレンジリボン

ページ番号1011542  更新日 2022年11月25日

印刷大きな文字で印刷

パープルリボンとオレンジリボン

日本では、11月12日から25日までが女性に対する暴力をなくす運動期間です。紫色のリボンはそのシンボルで、初日の12日は日本各地で紫色のライトアップが行われます。
最終日の25日は、国連の定める「女性に対する暴力撤廃の国際デー」です。

そして11月25日から16日間、世界がオレンジ色に染まる、国連の定める「女性に対する暴力撤廃週間」になります。
 

一方、日本では11月は「児童虐待防止月間」でオレンジリボンキャンペーンが展開されていますが、女性に対する暴力であるDVと児童虐待とは密接な関係があります。

女性に対する暴力であるDVと児童虐待を一体として進めていくために、吹田市では女性に対する暴力撲滅のシンボルであるパープルリボンと、児童虐待防止のシンボルであるオレンジリボンを組み合わせて独自の「W(ダブル)リボンマーク」を考案し、活動を展開しています。

wリボンバッジ

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

男女共同参画センター男女平等推進係
〒204-0021
東京都清瀬市元町1-2-11 アミュー4階
電話番号(直通):042-495-7002
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-7008
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。