清瀬市保健福祉総合計画(平成21年4月~平成30年3月)

ページ番号1004608  更新日 2020年9月30日

印刷大きな文字で印刷

誰もが地域でいきいきと暮らせるまちへ

写真:清瀬市保健福祉総合計画会議の様子

市では平成15年3月に、福祉施策の総合的な指針となる「清瀬市福祉総合計画」を策定し、すべての市民が、安心していきいきと暮らせるまちづくりを目指して取り組んでまいりました。
その後、福祉に関わるさまざまな法律の制定や改正が行われ、さらなる保健福祉サービスの新たなニーズへの対応が求められいる状況にあります。
こうした中で、子どもから高齢者、障害のある方も含め、保健福祉の総合的・計画的な推進を図っていくことを目的とした「清瀬市保健福祉総合計画」を策定しました。

この計画は地域福祉計画をはじめとする5つの分野の個別計画の性格をあわせ持ち、清瀬市長期総合計画で定めた将来の健康福祉のまちづくりの方向性を見据え、乳幼児期から高齢期までの市民一人ひとりのライフステージに対応した保健福祉サービスを充実していくとともに、市民相互の支え合い・助け合いによる地域福祉の活性化を図り、市民の誰もが安心して暮らせるまちづくりを推進することを基本理念に掲げた施策・事業の展開をしていきます。
なお、計画期間は平成21年度から平成27年度までの7年間で、社会環境等の変化により見直しの必要性ができた場合には、最終年度を待たずに見直すこととしています。

清瀬市保健福祉総合計画を構成する各種計画

地域福祉計画

福祉サービスの適切な利用の推進、社会福祉を目的とする事業の健全な発達、地域福祉活動への住民参加、行政との協力協働、要援護者の支援方策等の目標を定め、各個別計画に共通する施策を包含する計画

健康増進計画

地域の特色を活かし、生涯の各ステージ(世代)に応じた目標設定型の計画の策定・推進により、市民一人ひとりの健康づくり、健康寿命の延伸、生活の質の向上を目指す計画

きよせ次世代育成支援行動計画(後期計画)

清瀬市におけるすべての子どもと家庭を対象として、今後の子育て支援対策等について方向性や目標を定めた計画

障がい者計画(第2期障害福祉計画含む)

ノーマライゼーションの理念のもと、障がい者の状況を踏まえ、社会状況の変化や複雑多様化するニーズに的確に対応していくための障がい者に対する総合的な計画

高齢者保健福祉計画(第4期介護保険事業計画を含む)

高齢者が「住み慣れた地域で尊厳のあるその人らしい生活を送られるよう、健康でいきいきと暮らしていけるまち」の実現を目指す計画

平成24年度の目標事業評価

平成20年度に作成した清瀬市保健福祉計画に基づき、平成24年度の目標事業評価を行いました。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課福祉総務係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2056
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。