清瀬市避難所運営の手引き(市民・自主防災組織等向け)

ページ番号1003370  更新日 2021年7月16日

印刷大きな文字で印刷

平成23年3月11日に発生した東日本大震災や平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、行政も地域の住民も大きな被害を受け、混乱の中で避難所生活を始めたことが知られています。その後も各地において、程度の差はあるものの、避難所生活を余儀なくされたことは皆さんも御存じのとおりであります。

「東京都の新たな被害想定について」(平成24年4月18日)が発表され、多摩直下地震(M7.3/冬18時/風速6m)による清瀬市の避難想定人口は11,122人と想定されています。

今後、首都直下地震などが発生した場合、清瀬市においても大きな被害が発生するかもしれません。その場合、皆さんが避難所生活を送ることになることは想像に難くありません。

この「清瀬市避難所運営の手引き」は、大地震の発生直後から1週間程度の混乱期に焦点をあて、できる限り迅速かつ安全に避難所を開設・運営することができるよう作成したものです。

ただし、あくまでも標準的なものとして作成したものですので、これをもとに、町会・自治会などで結成した自主防災組織や、学校避難所運営協議会などで検討をいただき、実態に合わせた具体的なものとしていただきますようお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

防災防犯課防災防犯係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-1847(防災に関すること)
電話番号(直通):042-497-1848(防犯に関すること)
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。