市名の由来

ページ番号1004415  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

諸説がありますが、その一説に、旧上清戸村・中清戸村・下清戸村に見られる清戸の「清」と柳瀬川の「瀬」を合わせたものだといわれています。

ひいらぎ伝説

イラスト:ひいらぎ伝説

景行天皇のころ、日本武尊(やまとたけるのみこと)が大勢のけらいをつれて、東国へ遠征してきました。その途中、今の日枝神社の境内にあった柊(ひいらぎ)の老木に目をとめられました。尊は、その根元でお休みになられ、「清き土なり」といわれたそうです。それから、この地が「清土」と呼ばれるようになりましたが、長い間人から人へ伝えられるうちに、いつしか「清戸」と書かれるようになったそうです。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1808
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。