用途地域等

ページ番号1004467  更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

区域区分

清瀬市は、すべて市街化区域となっています。

用途地域

市街化区域には用途地域を定めるものとされています。用途地域とは、都市機能の増進、住環境などの保護を目的とした土地の合理的利用を図るため、都市計画法に基づき建築物の用途、容積率、建ぺい率及び各種の高さについて制限を行う制度です。

清瀬市では、以下の7種類の用途地域が定められています。

用途地域一覧
種類 面積 比率
第一種低層住居専用地域 572.8ha 56.2%
第一種中高層住居専用地域 265.9ha 26.1%
第二種中高層住居専用地域 72.0ha 7.1%
第二種住居地域 14.7ha 1.4%
近隣商業地域 21.2ha 2.1%
商業地域 16.7ha 1.6%
準工業地域 55.7ha 5.5%
合計 1,019ha 100.0%

用途地域の概要については、東京都都市整備局の「都市計画情報インターネット提供サービス」にてご覧いただけます。

詳細な内容が必要な場合は、都市計画課窓口でご確認ください。

建築物の敷地面積の最低限度

清瀬市では平成16年6月24日より、良好な住環境の形成を目指すため、第一種低層住居専用地域全域の敷地面積の最低限度を120㎡以上としています。

詳細については以下のファイルをご覧ください。

高度地区

高度地区は市街地の環境を維持し、または、土地利用の増進を図るために、一定区域を建築物の高さの最高限度または最低限度を定めるものです。

清瀬市では、以下の4種類の高度地区を定めています。

図:4種類の高度地区

注:第一種低層住居専用地域における建築物の高さの限度は10mです。

都市計画図の販売について

清瀬市都市計画図(1/10,000)は、本庁舎1階の市民課にて500円で販売しています。

用途地域等に関する指定方針及び指定基準

最終改定年月日

令和3年(2021年)4月1日

概要

令和2年3月改定の清瀬市都市計画マスタープランに示している都市づくりの方向性を踏まえ、用途地域等を決定(変更)するにあたっての基本的な考え方を取りまとめたものです。
今後は、東京都の「都市づくりのグランドデザイン」や「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」などとの整合性を図りながら、この清瀬市用途地域等に関する指定方針及び指定基準に基づき、適切に用途地域等の指定を行っていきます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画課都市計画係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2093
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。