施設案内 うちおり衣料(郷土博物館)

ページ番号1001437  更新日 2020年9月30日

印刷大きな文字で印刷

概要

清瀬をはじめ周辺地域では、明治から昭和初期にかけて農家等の女性によって「うちおり」といわれる織物が織られていました。これは商品としてではなく、農村の女性たちが家族のために織ったもので、くず繭からとった絹糸や木綿糸など手持ちの材料を使い、糸織り・糸染めなどの工程を織り手自身が工夫しながら仕上げたものです。
平成18年1月に着物、羽織、裂(反物含む)、寝具、糸、その他衣類(半纏・帯)等の166点を市の有形民俗文化財として指定し、平成19年12月には着物、羽織、裂(反物含む)、その他衣類(半纏・帯)等の201点を追加指定しています。その後の調査・研究等の進展により、平成29年3月に469点が国の重要有形民俗文化財に指定されました。
資料保存の観点より常時公開しておりません。ご了承ください。

所在地
東京都清瀬市上清戸2丁目6-41
電話
042-493-8585

地図

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

郷土博物館事業係
〒204-0013
東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号(直通):042-493-8585
電話番号(代表):042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。