オオムラサキ飼育事業

ページ番号1005631  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

これまでの取組みと今年の状況

清瀬市では、市の財産である「みどり」を次世代に引き継ぐため、平成24年度より市有林の萌芽更新を開始しました。雑木林の若返り・更新を図り、将来的に国蝶「オオムラサキ」が舞うような雑木林の再生を目指しております。この飼育事業は、清瀬にもかつて存在した「オオムラサキ」を雑木林の環境整備の象徴として、開始したものです。平成25年度には、台田の杜に高さ8m・幅5m・長さ10mのケージを設置しました。この中で産卵、孵化に成功し、清瀬産のオオムラサキが誕生しました。今年で、清瀬で生まれたオオムラサキも7世代目となり、順調に成長しています。
これまでの飼育は、市が中心となって、ボランティアの方々とともに行ってきましたが、飼育技術もある程度確立できたことから、今年度より、ボランティア団体である「ボランティアきよせびと」が中心となり、清瀬市みどりのサポーター、清瀬市の三者で協力して飼育してまいります。

令和2年度飼育状況

  • 4月18日
    冬眠から目覚めた幼虫は、木に登り、エノキの葉を食べ順調に育っています。脱皮して緑色に変わった幼虫が初めて確認されました。
  • 5月14日
    汗ばむ陽気が続き、幼虫たちはエノキの葉を多量に食べています。大きなものは8センチくらいになり、サナギになる日も近いようです。
  • 5月20日
    今年、初めてのサナギ(3匹)を確認しました。6月初旬には、オオムラサキ蝶が見られそうです。
  • 5月31日
    今年初めてのオオムラサキ蝶(オス)が羽化しました。
  • 6月9日
    羽化したオオムラサキ蝶10匹、サナギの数50を超えました。
    成虫となったオオムラサキがケージ内を飛び回り、餌(バナナ)を食べる姿がみられるようになりました。
  • 6月12日
    今年初めてのオオムラサキ蝶(メス)が羽化しました。
  • 6月26日
    交尾中のオオムラサキ蝶を発見しました。
    これで来年も飼育を継続できそうです。
  • 6月30日
    エノキの葉の上に、タマゴを発見しました。
  • 7月5日
    孵化した一齢幼虫を発見しました。6月20日頃には、すでに産卵があったようです。(産卵後2週間程度で孵化するため)

※コロナウィルス感染防止対策のため、例年行っているケージの一般公開は中止とさせて頂きます。来年の公開を楽しみにしてください。

写真:幼虫
大きくなった終齢幼虫 令和2年5月14日
写真:サナギ
サナギ 令和2年5月20日
写真:オオムラサキ オス
オオムラサキオス 令和2年5月31日
写真1
交尾中のオオムサキ

写真2
孵化した一齢幼虫

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

水と緑と公園課緑と公園係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2098
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。