新庁舎建設基本計画策定委員会

ページ番号1004949  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

写真:市庁舎

市庁舎の建て替え事業を推進する上で、基本設計の前提となる建築条件を基本計画として取りまとめることを目的に、建築分野等における有識者、市内団体代表者、公募市民による策定委員会を平成25年12月に設置しました。
清瀬市新庁舎建設基本計画策定委員会は、それから1年を掛け、延べ12回の会議を重ね、新庁舎建設の基本設計に必要となる庁舎規模、庁舎機能、敷地内における建物の配置等の諸条件を基本計画として取りまとめ、その結果を平成26年11月に市長へ答申しました。

庁舎建設基本計画策定委員会委員について

公募による市民委員5名と市内関係団体代表3名、建築分野等の有識者4名 計12名の皆さんにより、新庁舎建設基本計画の策定について審議を行いました。

委員名簿(注:順不同 敬称略)

1 澄川 喜一(委員長)
学識経験を有する者
2 三井所 清典
学識経験を有する者
3 山本 康友
学識経験を有する者
4 平倉 直子
学識経験を有する者
5 齊藤 隆雄(副委員長)
団体推薦(清瀬市都市計画審議会)
6 波澄 守
団体推薦(清瀬市社会福祉協議会)
7 小山 康之
団体推薦(清瀬商工会)
8 下嶋 一義
一般公募
9 中川 一夫
一般公募
10 林 清
一般公募
11 菊間 英子
一般公募
12 八代田 道子
一般公募

新庁舎建設基本計画(策定委員会答申)について

写真:清瀬市新庁舎建設基本計画策定委員会 答申

市では、策定委員会からの答申を踏まえ、今後「新庁舎建設基本計画」を策定します。策定に際しては、市民説明会及びパブリックコメントなどの公聴機会を設定する予定です。
近年の建築市場は、東北地方の震災復興事業、東京オリンピック開催に向けた準備などにより、建築資材の高騰や人材不足など、事業を進める際の諸課題の発生が懸念されます。
このような状況のなかで、新庁舎の建設に当たっては、健全財政の維持や、将来負担の軽減などを考慮しながら、その都度、市議会及び市民の皆さんのご意見を伺いながら、状況判断をして慎重に事業を進めていきたいと考えています。

なお、策定委員会の答申書は下記関連ファイル並びに関連リンクからご覧ください。

※ 答申内容の詳細は次のリンク先をご覧ください

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

建築管財課建築営繕係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 第2庁舎1階
電話番号(直通):042-497-1805
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。