食育:食品ロスを考えよう 食品ロスの現状

ページ番号1006013  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

食品ロスとは?

食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。
日本では年間600万トン以上の食品ロスが発生しています。
食品ロスの中には、手付かずの状態で捨てられる食品もあり、この状況を多くの方に知っていただくことが大切です。

食品ロスの半分は家庭から・・・

日本の食品ロス量 年間600万トン超のうち、約300万トンは家庭から発生しています。
日本人一人あたりにすると年間約50kg、毎日お茶碗一杯(約140g)の食べ物を捨てている計算になります。

イラスト:食品ロス 廃棄

捨てられやすい食材

1位 主食(ごはん・パン・麺類)
2位 野菜
3位 おかず

捨ててしまう理由

1位 食べきれなかった
2位 傷ませてしまった
3位 賞味・消費期限が切れていた

食品ロス削減のためには、家庭での取り組みが重要です。

出典:消費者庁「食品ロスを減らしましょう」より

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課母子保健係
〒204-8511
東京都清瀬市中里5-842 健康センター1階
電話番号(直通):042-497-2077
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9222
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。