Ms.スクエア78号

ページ番号1002220  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

特集 「女の子らしい」「男の子らしい」って何だろう? 0歳からの男女平等

子どもはまず身近にいる親、兄や姉、親せきなどの親しい人から、そして成長するに従って社会の影響を受け、自分自身に対する認識を形成し、性役割に応じた態度や行動を身につけていくようです。積極性や活発性が求められる男の子、おとなしさや優しさが好まれる女の子。
親や周りの大人たちが「女の子だから、男の子だから」と刷り込まれた先入観を押し付けることなく、その子どもの個性を大切にした言葉かけや、励ましを続ければ、日本でも政治・経済などの分野でリーダーシップがとれる女性や、理学や工学系女子や研究者が、もっと増えるのではないでしょうか。
今回の特集では家庭や地域、メディアなど子どもを取り巻く幼少期の環境を、ジェンダー(注1)の視点で見直してみました。
政権が変われば社会保障制度も変わる先行き不透明な時代です。非正規雇用の増加で低所得者も増加。結婚できない、しない人が増えています。ますます少子化に拍車がかかり、超高齢社会も進んでいます。こうした変化の激しい不安定な社会の中では、男女の枠にとらわれず、自分らしさを大切にした、多様な生き方が求められるようになっています。
あなたは「女の子なのに」「男の子だから」と言われた経験はありませんか?また自分でも無意識に口にしていることはありませんか?幼いころから性別によって可能性を制限せず、いろいろな選択肢、将来を見通した自己形成を促していきたいものですね。

注1 文化的性役割や身体把握など文化によってつくられた性差。

6面・7面

  • アイレックだより
  • きらり清瀬で生きる女性にインタビュー
  • 女性のココロとからだの講座
    講演会
    年齢とともに変化する女性のからだとココロ からだと仲よくしていますか
  • トイレの表示 女は赤?男は青?

8面

  • 男女平等推進条例
  • アイレックからのお知らせ
  • 編集後記など

声の広報

イラスト:音訳者

声の広報は清瀬市公共刊行物音訳機関が制作しています。MP3ファイルをご利用になる場合は、メディアプレーヤーなどの再生ソフト(またはMP3ファイルに対応した機種)が必要となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

男女共同参画センター男女平等推進係
〒204-0021
東京都清瀬市元町1-2-11 アミュー4階
電話番号(直通):042-495-7002
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-7008
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。