土谷 武「四本の木」

ページ番号1002668  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

四本の木 [1992年制作/ブロンズ]

写真:四本の木

作品は、木・石・鉄など、様々な素材を駆使して、堅牢な形態感を表し、自然と交流する独特な空間を生み出しています。
作品について
「四本の柱は建立の原初的な構造であるが、これに植物の向日性を封じ込めた。僅かばかりの傾きは生きものの体勢であって、いささかの脆弱さも併せもっている。」

土谷 武[つちたに たけし/1926年から2004年まで]
1949年東京美術学校(現東京芸術大学)彫刻科を卒業。第6回中原悌二郎賞優秀賞、第9回平櫛田中賞、第21回中原悌二郎賞などを受賞。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

郷土博物館事業係
〒204-0013
東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号(直通):042-493-8585
電話番号(代表):042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。