佐藤 忠良「亜古」

ページ番号1002672  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

亜古 [1964年制作/ブロンズ]

写真:亜古

作品は具象彫刻の代表的な存在で、豊かな詩情を漂わせる洗練された造形美を醸し出しています。 

佐藤 忠良[さとう ちゅうりょう/1912年から2011年まで]
東京美術学校彫刻科を卒業。1939年同校卒業後、新制作派協会創立時、彫刻部に参加して会員となる。1944年兵役に服し、シベリア抑留を経て1948 年帰国。新制作、現代日本美術展、日本国際美術展などで主要な具象彫刻家として活躍。第15回毎日芸術賞、第6回中原悌二郎賞などを受賞。1981年に日本人として初めてフランス国立ロダン美術館で個展を開き、アカデミー・デ・ボザールの客員会員に推挙。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

郷土博物館事業係
〒204-0013
東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号(直通):042-493-8585
電話番号(代表):042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。