吾妻 兼治郎「水滴」

ページ番号1002675  更新日 2020年8月30日

印刷大きな文字で印刷

水滴 [1991年制作/ブロンズ]

写真:水滴

1960年よりマリーニ風の作風から独自の「MU(無)」シリーズを制作しはじめています。虫喰いのような穴をあしらった作風は東洋的な空間と存在感を示しています。

作品について
「天と地の間に働く自然の力によって生まれる純粋な美しい水滴の形であり、人生もこのようにありたいと願っての制作である。大地より生まれて大地へ回帰する生の一滴であり、実の中に虚をかかえ、虚の中に実をふくむ人生「無」の一音である。」

吾妻 兼治郎[あずま けんじろう/1926年から]
1954年東京芸術大学彫刻科を卒業。イタリアの彫刻家マリノ・マリーニに師事。高村光太郎賞、第16回毎日芸術賞を受賞。オーストリア・サンタ・マルガレーテン国際彫刻シンポジウムに参加するなど、ヨーロッパ各地で活躍。 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

郷土博物館事業係
〒204-0013
東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号(直通):042-493-8585
電話番号(代表):042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。