新型コロナウイルス感染拡大を予防するごみの捨て方

ページ番号1004119  更新日 2021年9月6日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症対策として、以下の方法を守ってごみ出しをしていただくようお願いいたします。 皆様の大切なご家族だけでなく、ごみを扱う市の職員や廃棄物処理業者にとっても感染予防につながります。

簡易検査キットの捨て方の注意点

ご自宅で市販の簡易検査キットをご使用された場合、材質にかかわらず二重に袋に入れていただき、可燃ごみとして排出してください。

万が一陽性反応が出た場合

簡易検査キットやその他のすべての家庭ごみはすぐに排出せずに、1週間ほどご自宅に置いてから口をしっかり縛ってから通常通り排出してください。

使用済みマスクやティッシュの捨て方の注意点

ゴミに直接触れない

ごみ箱にあらかじめ袋をかぶせ、マスクやティッシュ等でいっぱいになる前に早めに袋をしばって封をしましょう。

ごみ袋はしっかりしばって封をする。

万が一ごみ袋の中に入れたマスク等がごみ袋の外側にあふれた場合、二重にごみ袋に入れましょう。

ごみを捨てた後は手を洗う

石鹸を使い、流水でしっかり洗い流しましょう。

使用済みマスクやティッシュは感染症対策のため焼却処分をします。容器包装プラスチックの指定収集袋や古紙・古布などの資源物として出さないようお願いいたします。

ペットボトル等の飲料容器の捨て方の注意点

厚生労働省のウェブページよれば、物の表面に付着した新型コロナウイルスは時間の経過により壊れるとされています。
飲み終えてから一週間程度待ってから排出するようお願いいたします。
 

新型コロナウイルス感染予防のためのペットボトル等の捨て方イラスト

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境課ごみ減量推進係
〒204-0001
東京都清瀬市下宿2-553
電話番号(直通):042-493-3750
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9333
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。